『スプーンフェイス・スタインバーグ』チラシ画像

『スプーンフェイス・スタインバーグ』キャスト組写真

©Tadayuki Minamoto

チラシPDFダウンロード

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース

『スプーンフェイス・スタインバーグ』

死に直面する7歳の少女スプーンフェイスを通じて
命の輝き、生きる意味を問う珠玉の一人芝居

【作】リー・ホール
【翻訳】常田景子
【演出】小山ゆうな

Wキャスト
片桐はいり 安藤玉恵

  • 日時 2024/2/16(金)~2024/3/3(日)
  • 会場 大スタジオ
  • 料金 一般:5,500円 / A&Kセット券:9,800 円 / 神奈川県民割引 4,900円 / U24チケット(24歳以下) :2,750円 / 高校生以下:1,000円 / シルバー割引:(満65歳以上) 5,000円 【シーズンチケット<後期>】14,100円
  • KAme
    先行
    2023/11/19(日)
  • 一般発売 2023/12/2(土)
  • お問い
    合わせ
    チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00、年末年始を除く)

当日券情報/新着情報

当日券情報

前売り券販売終了後に残席がある場合のみ、 
開演の45分前から、5階大スタジオ入口当日券売場にて販売いたします。  

 

<上演時間(休憩なし)>

片桐はいり回:約80分 安藤玉恵回:約75分

シーズンチケットをご購入の方で、特典を引き換えられていない方は劇場スタッフへお声がけ下さい。

 

A&Kセット券の特典引換方法について
会場ロビー内の物販ブースにて、特典の引換を行います。
スタッフに特典引換の旨をお伝えいただき、両公演のチケットをご提示ください。
特典:公演オリジナルポストカード(A&Kセット券1お申込につき1枚)

 

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※入場は整理番号順にご案内いたします。

※開演後のご入場はお待ちいただく場合があります。

 

▼公演アンケートはこちら

https://krs.bz/kanagawaaf/m?f=1701

 

舞台写真・初日コメント

舞台写真

撮影:渞忠之

 

初日コメント

演出 小山ゆうな

この一人芝居を引き受け
ここまで弛まぬ努力で作り上げてくださった
片桐さん・安藤さんお二人に拍手!
スプーンフェイスは「勇気」があると周りの人に言われますが、
お二人も勇気があるかっこいい俳優さんたちだという事を改めて感じました。
客席も近く、正に客席と一緒につくり上げられていく作品。
お客様と演者の間に火花が起きる瞬間を沢山感じました。
お客様も本当にありがとうございます。
今しか観る事のできない、正にライブな素敵な作品なので
沢山の方に、そして出来れば両バージョン観ていただきたいです。

 

<Wキャスト>

片桐はいり

ここ数か月スプーンフェイスと過ごして、生きること死ぬことのいろんなことに、七歳の哲学とちょっとシビアなユーモアで立ち向かう彼女にすっかり感化され、わたしもこの世でもっとも苦手なこと、セリフをたくさんしゃべること、死について考えること、がほんのちょっと怖くなくなってきました。奇跡!安藤玉恵さんと二種類の違うタイプのミラクルを、ぜひ皆さんにもおすそ分けしたいです。

 

安藤玉恵

はいりさんと一緒のお稽古の何が素晴らしかったのかと言うと、演技に対して厳しい先輩が、私をじっと見ているという緊張感でした。演出の小山さんは、私のチャレンジを尊重して、変化に敏感に反応してくださって、いろんな話をしながらいい稽古時間を過ごしました。今、やる気に満ちているのは小山さんのおかげです。
緊張とどう向き合うか、出る前の舞台袖で考えていました。お見せできるという高揚も、かみしめていました。
スプーンフェイス・スタインバーグ、初日の幕が開きました。
翻訳も美術も衣装も照明も音響も映像も、制作さん達もみーんな素敵です。
毎ステージ、じっくりと丁寧に、やりたいと思っています。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』出演者コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』出演者コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』一般発売コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』一般発売コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』KAme先行発売コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『スプーンフェイス・スタインバーグ』KAme先行発売コメント【片桐はいり・安藤玉恵】

公演情報

死に直面する7歳の少女スプーンフェイスを通じて
命の輝き、生きる意味を問う珠玉の一人芝居
 

2023年度<貌(かたち)>シーズンの最後を飾るのは、
命の終焉を迎える少女の目に映る世界の かたちに思いを巡らせる一人芝居

「貌(かたち)」シーズンを締めくくるのは、癌に侵され死と向き合う7歳の少女を描く『スプーンフェイス・スタインバーグ』です。 
本作はミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』や映画「ロケットマン」の脚本で知られる劇作家リー・ホールによってラジオドラマとして書かれたものです。1997年にイギリスのBBCラジオ4で放送され、人生・愛・信仰の意味を詩的かつユーモアを含んだシナリオの独白が大きな反響を呼び、再放送を重ねました。その後1998年にテレビドラマ化、2000年に舞台化され、舞台版初演では、野田秀樹演出『THE BEE English Version』などにも出演したキャサリン・ハンターが当時42歳でタイトルロールを務めました。舞台版はイギリスのほか世界各国でもたびたび上演され、日本でも2010年に、現KAAT神奈川芸術劇場芸術監督・長塚圭史が、リーディング公演として上演しました(パルコ劇場ドラマリーディング ディレクターズチョイスVol.3/企画製作:株式会社パルコ)。

 

本公演で演出を手がけるのは、2017年『チック』で第10回小田島雄志・翻訳戯曲賞および第25回読売演劇大賞優秀演出家賞を受賞し注目を集め、近年ミュージカルやストレートプレイの演出・翻訳で数々の話題作を世に送り出している小山ゆうな。2022年2月に当劇場で上演した『ラビット・ホール』(作:デヴィット・リンゼイ=アベアー)では、息子の死に向き合う母親の心の動きを繊細に表現し、高い評価を得ました。本作で再び“子どもの死”をテーマに扱うことについて、「人の生き死にと向き合う事が演劇をやるという事でもありますし、(中略)私も覚悟を決めて作品に真っすぐ向き合いたいと思います」と決意を語っています。     
人間が生きるとは、死ぬとは、どういうことなのか、死んだらどこに行くのか...命の終焉を迎える少女の目に映る世界の貌(かたち)にまで思いを巡らせる静かなドラマを、メインシーズンの最後にお届けします。

 

片桐はいり・安藤玉恵、唯一無二の魅力を放つ実力派俳優の競演が実現!     
7歳の少女スプーンフェイスを演じるのは、ドラマ・映画・舞台・文筆など幅広く活躍し、初舞台から40周年のメモリアルイヤーに出演した野外劇『嵐が丘』(22年)で圧倒的な存在感を魅せた片桐はいりと、『桜の園』(23年)や『阿修羅のごとく』(22年)などの話題舞台に次々出演し、連続テレビ小説「らんまん」や東京ガスのテレビCMでも注目を浴びる安藤玉恵。舞台俳優としてキャリアをスタートし、映像作品でも個性が光る二人が、この珠玉の一人芝居をダブルキャストで務めます。死を目前にした7歳の少女を二人がどのように演じるのか、ぜひご期待ください。     
 

あらすじ

顔がスプーンみたいに丸いため“スプーンフェイス”と名付けられた自閉症の少女は、7歳にして癌に侵される。死を間近に、両親やお手伝いのおばさん、病院の先生、大好きなオペラに思いをめぐらせながら、生きることや死ぬこと、そしてこの世界の意味をも問い語り続ける…

 

【客席イメージ図】1列目・2列目は座椅子席、3列目は背もたれのないクッション席となります

スプーンフェイス・スタインバーグ客席イメージ図


掲載情報

11/18 SPICE  片桐はいりさんインタビュー

11/25 音遊人(みゅーじん) 安藤玉恵さんインタビュー

11/27   ローチケ演劇宣言 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

12/  1 ぴあアプリ 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

12/  4   カンフェティ 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

 

2024年

 1/  1 あらかわ区報 安藤玉恵さんインタビュー

 1/  6 大人のおしゃれ手帖 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

  1/ 24 アクトガイド 片桐はいりさんインタビュー

  1/ 28 東京新聞 片桐はいりさんインタビュー

  1/ 30 週刊FLASH 安藤玉恵さんインタビュー

  1/ 30 読売新聞夕刊 小山ゆうなさん、片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

  2/   5 神奈川新聞 小山ゆうなさんインタビュー

  2/   5 しんぶん赤旗 片桐はいりさんインタビュー

  2/ 11 しんぶん赤旗 日曜版 安藤玉恵さんインタビュー

  2/ 14 anan  片桐はいりさんインタビュー  

  2/ 15 BRUTUS 常田景子さん、片桐はいりさんインタビュー

  2/ 15 朝日新聞夕刊 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

  2/ 15 情報キック 片桐はいりさん、安藤玉恵さんインタビュー

 

出演情報

2024年

 1/  1 荒川ケーブルテレビ「こんにちわ荒川区」安藤玉恵さんご出演 (YouTube

キャスト・スタッフ

【作】リー・ホール     
【翻訳】常田景子     
【演出】小山ゆうな 
 

Wキャスト

片桐はいり 安藤玉恵

 

コメント

小山ゆうな(演出)   
死期がせまった7歳の少女のモノローグ。   
少女はやせ細り衰弱した風貌かもしれない。   
でも本作「スプーンフェイス・スタインバーグ」は   
死としっかり向き合い続ける勇敢な少女の脳内の言葉で綴られる。   
脳内の彼女の風貌はどんなだろう。   
過酷な現実世界と   
どこまでも自由に羽ばたける想像の世界の話。   
リー・ホールの研ぎ澄まされた言葉を通して、   
お客さまとともに美しく果てない想像の世界を共有できる素敵な戯曲です。   
【KAAT神奈川芸術劇場2023年度シーズンチラシより】    
 

片桐はいり(出演)   
あるインタビューで、セリフがすごく多い役と病気で苦しむ役はやらないことにしています。とこたえた次の日にこのお芝居のお話しがきた。とりあえず台本を読み、20数年も前に外国の人が書いていろんな形で演じられているものを、なぜ今?とか、そもそも60代のわたしがなぜ7歳の英国少女を?とかの、たくさんの???が浮かんだが、たわむれに声を出して読んでみたら、どうしてもこれを人の前で言ってみたいような気持になっていた。謎。小山ゆうなさんのまっすぐな目と、安藤玉恵さんの特大の肝っ玉にすがって、この謎をつきとめたい。そしてちょっとした火花を散らしたい。

 

安藤玉恵(出演)   
7歳の女の子の独白劇です。一人芝居を2バージョンで。本番の半年前の今、すでに顔合わせや本読み、小山さんの思いを聞いたりと、時間をかけて作っていける環境があることにとても感謝しています。ラジオドラマとして書かれた物語ですが、舞台上演もあったそう。   
マリア・カラスの音楽と共にスプーンフェイスの魂はどんなふうに私と共鳴するのか。少女の悲しみやユーモアの美しさを「上手に」伝えられたらなと思ってます。   
にしても。日々の稽古場はすごく興奮すると思う、だって、片桐はいりさんがいるんですから。

 

長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)

癌に侵された自閉症のユダヤ人の少女スプーンフェイス・スタインバーグ。その澄んだ瞳に映る、その耳に広がる、この世界の圧倒的な煌めきと、まだ見ぬ死後の深淵。2010年に私自身も演出する機会を得ましたが、その際はリーディングという形式でした。今回は素晴らしいキャストお二人のダブルキャストによる一人芝居での上演です。死を目前にしながらも、少女も、世界も、マリア・カラスの歌声と共にどこまでも美しく輝きます。

 

プロフィール

作:リー・ホール

イギリスの劇作家。1966年ニューカッスル生まれ。     
家族や周囲からの反対に直面しながらもバレエダンサーを志す少年の物語を描いた映画「ビリー・エリオット」(邦題:リトル・ダンサー/2000年)と同名のミュージカルの脚本家として知られる。『スプーンフェイス・スタインバーグ』は、1997年にBBCラジオ4で放送され好評を得た後、イギリスの名優で、日本でも野田秀樹演出の舞台『THE BEE English Version』『THE DIVER』出演で知られるキャサリン・ハンター主演で舞台化されている。

 

翻訳:常田景子

神奈川県生まれ。東京大学文学部心理学科卒業。俳優、舞台制作を経て、翻訳家となる。2001年、第8回湯浅芳子賞、翻訳・脚色部門受賞。主な上演作品は、『ダブリンキャロル』、『子供の時間』、『スリーウインターズ』、『人形の家PART2』、『良い子はみんなご褒美がもらえる』、『フリー・コミティッド』、『メリー・ポピンズ』、『カレンダーガールズ』、『プライムたちの夜』、『ビリー・エリオット』、『パレード』、『ハーヴェイ』、『黄昏にロマンス』、『ヒストリーボーイズ』、『永遠の一瞬』、『負傷者16人』、『ピアフ』、『太陽に灼かれて』、『姉妹たちの庭で』、『グレンギャリー・グレン・ロス』、『やけたトタン屋根の上の猫』、『シカゴ』、『6週間のダンスレッスン』、『奇跡の人』、『デモクラシー』、『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』等。翻訳書に「ヴードゥーの神々」、「リディキュラス!」、「戯曲の読み方」等がある。

 

小山ゆうなプロフィール写真演出:小山ゆうな

ドイツ・ハンブルク生まれ。早稲田大学第一文学部演劇専修卒。2010年まで劇団 NLT 演出部に所属。 2011年アーティストユニット「雷ストレンジャーズ」旗揚げ。以来「雷ストレンジャーズ」全作品の上演台本・演出を手掛ける。2018 年ストリンドベリ『父』にてサンモールスタジオ最優秀団体賞受賞。2017年世田谷パブリックシアター主催公演『チック』にて 2017年小田島雄志翻訳戯曲賞受賞、2018年読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。最近の演出作に劇団四季『ロボット・イン・ザ・ガーデン』、新国立劇場『願いがかなうぐつぐつカクテル』、東宝『ローズのジレンマ』等。 KAAT 神奈川芸術劇場では、2022年2月『ラビット・ホール』を演出し高い評価を得る。

 

<出演>

片桐はいりプロフィール写真

片桐はいり   
東京都出身。1982年大学在学中から93年まで劇団で活動。94年『片桐はいり一人芝居 ベンチャーズの夜』(作・演出:岩松了)にて全国を公演。近年の主な出演作に、【舞台】『嵐が丘』(演出:小野寺修二)、『未練の幽霊と怪物―「挫波」「敦賀」―』(作・演出:岡田利規)【ドラマ】「季節のない街」、「大奥」、「東京放置食堂」【映画】「アイスクリームフィーバー」、「ウエディング・ハイ」、「キネマの神様」などのほか、キネカ大森先付ショートムービー「もぎりさん」を制作。著書に「わたしのマトカ」「グアテマラの弟」「もぎりよ今夜も有難う」。

 
安藤玉恵プロフィール写真
©T.MINAMOTO

安藤玉恵 
東京都出身。大学在学中に俳優として活動を開始。近年の主な出演作に、【舞台】『桜の園』(演出:ショーン・ホームズ)、『阿修羅のごとく』(演出:木野花)、『命、ギガ長スW』(演出:松尾スズキ)、『イェルマ』(演出:瀬戸山美咲)、『虹む街』(演出:タニノクロウ)、『グリークス』(演出:杉原邦生)、【映像】連続テレビ小説「らんまん」「あまちゃん」、ドラマ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし」、映画「波紋」など。ナレーション出演にEテレ「100分deフェミニズム」の朗読、「こころの時代〜宗教・人生〜」がある。

 

 

【STAFF】

  美術:大島広子

  照明:大石真一郎

  音響:徳久礼子

舞台監督:山田貴大

スケジュール

             
2/16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 3/1 2 3
金・祝
13:30
K◎
13:30
K


13:30
A◎
13:30
A
13:30
A
13:30
K


13:30
A
13:30
A☆
13:30
K
13:30
K
19:30
A
17:00
A◎
19:30
K☆
17:00
K
19:30
K◎
17:00
A

A=安藤玉恵  K =片桐はいり

開場は開演の30分前
◎=託児サービスあり 公演1週間前までに要予約・有料(マザーズ0120-788-222)

☆=終演後にアフタートークを行います(11/15更新)

 

■2024年2月22日(木) 19:30開演

出演:片桐はいり 小山ゆうな(演出) 長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)

■2024年3月1日(金) 13:30開演

出演:安藤玉恵 小山ゆうな(演出) 長塚圭史(KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)

<所要時間:20分~30分程度>

※アフタートークは当日のチケットをお持ちの方のみ参加できます。

 

<上演時間(休憩なし)>

片桐はいり回:約80分 安藤玉恵回:約75分

 

【鑑賞サポート】※要事前申込

■2月23日(金・祝)13:30開演・17:00開演
ー視覚に障がいのあるお客様への鑑賞サポート(リアルタイム音声ガイド)
■3月2日(土)13:30開演・17:00開演
ーヒアリングループ(難聴者の聞こえを支援する設備)
 

▼詳細・ご予約は、社会連携ポータルサイトをご覧ください
https://social-inclusion.kanagawa-arts.or.jp/support/67

チケット

チケット発売日

KAme先行(かながわメンバーズWEB先行販売): 2023/11/19(日) ~

かながわメンバーズ入会はこちら

一般:2023/12/2(土)

チケット料金

入場整理番号付自由席(税込)

一般5,500円
A&Kセット券(特典付き)※販売終了9,800 円
神奈川県民割引(在住・在勤 )神奈川県民割ロゴ4,900円
U24チケット(24歳以下)2,750円
高校生以下割引1,000円
シルバー割引(満65歳以上)5,000円

シーズンチケット<後期>(一般のみ)

※販売終了

14,100円

A&Kセット券の特典引換方法について
会場ロビー内の物販ブースにて、特典の引換を行います。
スタッフに特典引換の旨をお伝えいただき、両公演のチケットをご提示ください。
特典:公演オリジナルポストカード(A&Kセット券1お申込につき1枚)

 

メインシーズン〈後期〉 3作品を通してご覧いただける特典付きセット券を発売!(1,700 円お得)※販売終了しました。
外地の三人姉妹』(11/29~12/10)

KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第二弾」(2024/2/3~2/12)

スプーンフェイス・スタインバーグ』(2024/2/16~3/3)

<購入期限:12/10(日)11:00まで>

 

※神奈川県民割引はチケットかながわの電話・窓口にて11月19日より取り扱い(前売のみ、枚数限定、要住所確認)

※A&Kセット券(安藤玉恵回、片桐はいり回を両方観劇される方向けのセット券)はチケットかながわの電話・窓口・WEBにて11月19日より取り扱い(前売のみ)
※U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口・ WEB にて12月2日より取り扱い(前売のみ、枚数限定、要証明書)
※車椅子でご来場の方は購入前にチケットかながわにお問い合わせください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。
※入場は整理番号順にご案内いたします。

※開演後のご入場はお待ちいただく場合があります。

チケット取扱い

チケットかながわ
インターネットで予約・購入はこちら

電話で予約・購入

0570-015-415(受付時間:10:00~18:00)

プレイガイド情報

■チケットぴあ     https://pia.jp/t/kaat/(Pコード:521-670) 
■イープラス      https://eplus.jp/kaat/
■ローソンチケット   https://l-tike.com/play/kaat/(Lコード:33970)

お得なチケット

シーズンチケット<後期>2023年9月23日(土・祝)発売!<販売終了>

【対象作品】
・『外地の三人姉妹(11/29~12/10)
KAATカナガワ・ツアー・プロジェクト 第二弾(2024/2/3~2/12)
・『スプーンフェイス・スタインバーグ(2024/2/16~3/3)
各作品の発売に先駆けて、上記3作品のチケットを最速で購入いただけるKAATオリジナルグッズ付きセット券を発売!

神奈川県在住・在勤以外の方も、神奈川県民割引と同額の割引価格で、1,700円お得にお買い求めいただけます。

 

シーズンチケット<後期>

チケット料金(一般のみ・税込):14,100円
チケットかながわ 窓口・電話・WEBで取り扱い(前売のみ・枚数限定)

シーズンチケット<前期><後期>両方ご購入いただいた方を2024年度ラインアップ発表会にご招待します。※開催終了しました

※12/10(日)11:00まで購入可能

 

シーズンチケット<前期>  【販売終了しました】
【対象作品】アメリカの時計(9/15~10/1)SHELL(11/11~11/26)ジャズ大名(12/9~12/24)

チケット料金(一般/S席のみ):20,700円
チケットかながわ 窓口・電話・WEBで取り扱い(前売のみ・枚数限定)
※10/1(日)12:00まで購入可能


 <ご来場の皆さまへのお願い>

ご来場前に必ず劇場HPの「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

※誠に恐れ入りますが感染症拡大防止の観点より、お祝い花(ロビー花・楽屋花)、プレゼント、お手紙など差し入れは辞退申し上げます。

※上演中・開演前・休憩中・終演後を問わず客席からの舞台撮影はご遠慮いただいております。

 

主催・企画制作:KAAT神奈川芸術劇場