2019

OrganWorksパフォーマンス
『湿りいる/She may be still ill』

2019年12月14日(土)~2019年12月22日(日)

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「常陸坊海尊」にて ムーブメントを担当する振付家・平原慎太郎率いる ダンスカンパニーOrganWorksが、 本作品にインスパイアされ創作したダンス作品を上演!   日程:12月14日(土)、15日(日)、20日(金)、22日(日) 各日17:15頃予定(「常陸坊海尊」終演にあわせて)(12/07更新) *12月21日(土...

Bookmark and Share

『マクベス』

2019年12月12日(木)~2019年12月22日(日)

作家・演出家として成熟し、ますます注目を集めている谷賢一が満を持して挑む、シェイクスピアの現代日本への翻案上演。 先の見えない不安、希望のない未来、行き詰まり暴走する政治……。『マクベス』のテキストを徹底的に解体・再解釈することで現代日本との共通点を見出し、観客に全く新しいシェイクスピア像を提示します。 運命の魔女にそそのかされて野心に苦しみ、権力を手にした後も不安に苦しみ続けるマクベ...

Bookmark and Share

「常陸坊海尊」

2019年12月07日(土)~2019年12月22日(日)

長塚圭史が戦後を代表する劇作家・秋元松代の最高傑作に挑む! 長塚圭史が芸術参与就任後初めて手掛けるのは、『近松心中物語』などで知られる戦後を代表する劇作家・秋元松代の最高傑作といわれ、日本にオリンピック大会が初めて招致された昭和39年(1964年)発表当時、日本の演劇界に衝撃を与えた伝説の戯曲『常陸坊海尊』(ひたちぼうかいそん)です。常陸坊海尊は、源義経の忠臣として武蔵坊弁慶らとともに都落ち...

Bookmark and Share

「芝居の大学 公開講座 第II期–移動型公共劇場はいかにして可能か」

2019年12月14日(土)

KAAT神奈川芸術劇場とYNU横浜国立大による連携講座 「芝居の大学」第2期が開講します!   第2期のテーマは「移動型公共劇場はいかにして可能か」。  広く県民、市民のためにある公共劇場が本気で地域に貢献するとしたら、もう仮設の移動型公共劇場しかない! 選りすぐりのゲストの話を伺いながら思考し、新たな仮設劇場を実際に構想します。 あなたのアイディアが新たな劇場...

Bookmark and Share

『ジャングル・コンクリート・ジャングル』

2019年12月05日(木)~2019年12月08日(日)

ーいのちが、おどりたがっているー 1年半ぶりの新作本公演は、KAAT神奈川芸術劇場<大スタジオ>に初進出。 カンパニー史上最多となる21人の身体で描く「土を忘れかけた現代に投げかける命の物語。」 新たな世界に飛び込むBaobabの“今”をどうぞお見逃しなく! 『タタエロ イノチ これは生命の祝祭讃歌だ』 【振付・構成・演出】 北尾亘 【出演】 岡...

Bookmark and Share