KAATキッズ・プログラム2024

『らんぼうものめ』

この夏はKAATで、一緒に冒険に出かけよう!
神さまたちの世界に迷い込んだ少年の、ちょっと怖くて不思議な物語。
<おすすめの年齢:6歳~>

作・演出:加藤拓也
出演:鞘師里保 安藤聖 金子岳憲 
近藤隼 秋元龍太朗 中山求一郎 高田静流

  • 日時 2024/7/20(土)~2024/7/28(日)
  • 会場 大スタジオ
  • 料金 こども+おとなペア:3,500円 /こども+おとな+おとなトリオ:6,000円 / こども(4歳~高校生):1,000円 / おとな:4,500円 / 神奈川県民割引:4,000円
  • KAme
    先行
    2024/5/9(木)
  • 一般発売 2024/5/11(土)
  • お問い
    合わせ
    チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

公演情報

この夏はKAATで、一緒に冒険に出かけよう!

神さまたちの世界に迷い込んだ少年の、ちょっと怖くて不思議な物語。

 

KAATキッズ・プログラム2024の2作目は、劇団「た組」主宰で劇作家・演出家の加藤拓也との新作演劇作品をお届けします!

 

加藤が初めてのキッズ・プログラムで描くのは、らんぼうものの少年が、たくさんの神さまたちと出会い、ちょっと怖くて不思議な冒険に出かける物語。 
20代にして第30回読売演劇大賞優秀演出賞、第67回岸田國士戯曲賞を受賞するなど、演劇・映像界で次世代をけん引し異彩を放つ加藤が、こどもたちに向けて新たな世界を生み出します。

 

主人公を務めるのは、2024年1月に初の地上波ドラマ主演を果たすなど活躍の場を広げる鞘師里保加藤拓也作品へ初出演します。 
さらに、安藤聖、金子岳憲、近藤隼、秋元龍太朗、中山求一郎、高田静流と、魅力あふれる俳優陣にご期待ください。

 

神さまたちのあっと驚くビジュアルもお楽しみに! 
KAATから出かける、ちょっと怖くて不思議な冒険、どうぞお見逃しなく!

 

<おすすめの年齢:6歳~>

 

あらすじ

親の都合で都会から田舎へ引っ越してきた小学生の薫平は、片付けで忙しい両親を尻目に苛立ち、不満気です。気分転換にと出かけた散歩の途中、突然神さまたちが現れ、母親の由梨を連れ去ってしまいます!どこからか聞こえる由梨の声を辿って見つけた井戸に、意を決して入っていく薫平。すると、今までと同じに見えるその世界では、川の神さま、山の神さま、虫の神さまなど様々な神さまたちが存在し、祭りを行っていました。由梨を取り戻そうと、薫平は太陽の神さまのいる神社を目指しますが…。

 

登場人物

薫平(くんぺい・八歳・男・乱暴者):鞘師里保
由梨(ゆり・薫平の母):安藤聖
孝也(たかや・薫平の父)/偽孝也:金子岳憲
江川(えがわ・神さまの神さま):近藤隼
大月(おおげつ・野菜の神さま):秋元龍太朗
守屋(もりや・虫の神さま):中山求一郎
守屋の分身(もりやのぶんしん)/要(かなめ・薫平の友達):高田静流

 

客席イメージ図

 

掲載情報

6/  3 カンフェティ 鞘師里保さんインタビュー

6/  3 ローチケ演劇宣言 加藤拓也さん、鞘師里保さんインタビュー

6/  9 J-WAVE「ACROSS THE SKY」鞘師里保さんゲスト出演

6/12 ぴあアプリ 長塚圭史芸術監督インタビュー(KAATキッズ・プログラム2024)

6/17 ローチケ演劇宣言! 長塚圭史芸術監督インタビュー(KAATキッズ・プログラム2024)

6/21 神奈川新聞 加藤拓也さんインタビュー

6/27 ダンスマガジン 鞘師里保さんインタビュー

6/27 朝日新聞 加藤拓也さんインタビュー

7/  2 TBSラジオ「パンサー向井のふらっと」鞘師里保さんゲスト出演

7/  2 共同通信 鞘師里保さんインタビュー

7/11 毎日新聞 鞘師里保さんインタビュー 拡大版はこちら

7/12 プラスアクト 加藤拓也さん、鞘師里保さんインタビュー

キャスト・スタッフ

【作・演出】加藤拓也

【出演】

鞘師里保 安藤聖 金子岳憲  
近藤隼 秋元龍太朗 中山求一郎 高田静流 

 

プロフィール

<作・演出>

加藤拓也プロフィール画像
©浦田大作

加藤拓也(かとう・たくや)  脚本家 / 演出家 / 監督 / 劇団た組主宰  
17歳でラジオ・TVの構成作家を始め、翌年にイタリアへ渡り、映像制作に携わる。帰国後、「劇団た組」を立ち上げ舞台演出を始める。  
『もはやしずか』、『ザ・ウェルキン』で第30回読売演劇大賞優秀演出家賞、『ドードーが落下する』で第67回岸田國士戯曲賞を受賞。「平成物語」、「俺のスカート、どこ行った?」など話題のテレビドラマの脚本を手掛け、「きれいのくに」では第10回市川森一脚本賞を20代で初受賞。22年に監督したオリジナル脚本による初長編映画「わたし達はおとな」は業界内外で大きな注目を集め、2作目の映画「ほつれる」ではナント三大陸映画祭でDISTRIBUTION SUPPORT AWARD受賞。

 

<出演>

鞘師里保プロフィール画像

鞘師里保(さやし・りほ)  
1998年5月28日生まれ、広島県出身。 
2011年にモーニング娘。9期メンバーとしてデビュー。歌唱力とダンスに定評があり、絶対的エースと呼ばれる。2015年惜しまれながらモーニング娘。を卒業し、その後N.Y.へダンス留学。20年秋に歌手・俳優として芸能活動を再開する。主な出演作はドラマ「推しを召し上がれ」、音楽朗読劇『黑世界』など。

 
安藤聖プロフィール画像

安藤聖(あんどう・せい)  
1983年生まれ、東京都出身。ミュージカル『アニー』でデビュー。舞台、映画、ドラマ、CMで活躍中。近年の主な出演作に舞台『博士の愛した数式』、『閃光ばなし』、『貧乏物語』、映画「ほつれる」、「余命10年」、「サーチライト-遊星散歩」、ドラマ「滅相も無い」、「サンクチュアリ-聖域-」などがある。

 
金子岳憲プロフィール画像

金子岳憲(かねこ・たけのり) 
1977年生まれ、神奈川県出身。「ニナガワ・カンパニー・ダッシュ」、劇団「ハイバイ」を経て、現在舞台を中心に活動している。近年の主な出演作に舞台『無選別標本集』、『ぽに』、『hana-1970、コザが燃えた日-』、『みんな我が子』、『ドードーが落下する』、『アンナ・カレーニナ』、『月とシネマ2023』、『GOOD』、映画「春原さんのうた」、「さかなのこ」、「ほつれる」、ドラマ「ももさんと7人のパパゲーノ」、「特捜9 season6」など。加藤拓也舞台作品は今回で3回目の出演となる。

 
近藤隼プロフィール画像

近藤隼(こんどう・じゅん)  
2007年、長野県松本市でTCアルプの発足に参加。以後、舞台を中心に多数の作品に出演。2023年より活動拠点を東京に移す。主な出演作に『そよ風と魔女たちとマクベスと』、『オセロ』、『テンペスト』、『モンスターと時計』 、『じゃり』、『I Call My Brothers』、『パレード、パレード』、『A Walk in the Woods』、『博士の愛した数式』、『デカローグ』など。

 
秋元龍太朗プロフィール画像

秋元龍太朗(あきもと・りゅうたろう) 
1995年生まれ、東京都出身。2009年より舞台・映画・ドラマ・雑誌などで活躍。14年より『弱虫ペダル』のドラマ版と舞台版で黒田行成役を演じ人気を博す。近年の主な出演作に舞台ではPARCO PRODUCE2024『リア王』、劇団た組『綿子はもつれる』、『ドードーが落下する』、『ぽに』、映画「明けまして、おめでたい人」、「ほつれる」、ドラマ「滅相も無い」などがある。

 
中山求一郎プロフィール画像

中山求一郎(なかやま・きゅういちろう)  
1992年生まれ、埼玉県出身。映画「恋人たち」でデビュー。その後、映画・ドラマ・舞台での演技で注目を集め、監督や演出家より信頼を獲得している。主な出演舞台作品、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ルーツ』、劇団た組『貴方なら生き残れるわ』、城山羊の会 『ワクチンの夜』、パルコ・プロデュース『裏切りの街』、劇団た組『ドードーが落下する』。

 
高田静流プロフィール画像

高田静流(たかだ・しずる)  
1995年生まれ、埼玉県出身。モダンダンスの舞踏家として活動する傍ら、近年は女優としても活動。凛とした佇まいと美しい所作で見るものを魅了する稀有な存在。主な出演作は『ジャズ大名』、野外劇『テンペスト』、マームとジプシー『cocoon』、映画「とおぼえ」など。また、Panasonicや資生堂プロフェッショナルなど、大手企業の広告にも多数抜擢されている。

 

【STAFF】      
   音楽:加藤訓子

   美術:山本貴愛

   衣裳:駒井友美子

   照明:ヨアン・ティボリ 上山真輝   
   音響:星野大輔

ヘアメイク:谷口ユリエ

 演出助手:葛西祥太

 舞台監督:竹井祐樹

キャスティング協力:ヤマウチトモカズ(Kosei)、ニシムラカズユキ(Kosei)

スケジュール

        
7/20 21 22 23 24 25 26 27 28
11:00

11:00
 
11:00

11:00
14:00
 
15:00
 
15:00
 
追加公演
15:00
14:00
15:00
◎♡
14:00

開場は開演の30分前
◎=託児サービスあり 公演一週間前までに要予約・1名2,000円(マザーズ0120-788-222

 

全公演、終演後にバックステージツアー[劇場内での作品説明]あり!(申込不要)

 

追加公演決定!(6/28更新)
ご好評につき、追加公演が決定いたしました。
7/24(水) 15:00開演 
【チケット発売】一般発売:7/1(月)10:00~
【チケット取り扱い】チケットかながわ、チケットぴあ

 

【鑑賞サポート】※要事前申込
全公演=人工内耳や補聴器をご使用の方のきこえを補助するヒアリングループを設置します。

※ヒアリングループ受信機の貸出しもございます。
=きこえない・きこえにくい方のために、セリフや効果音などをお手元でご覧いただける字幕タブレットを貸出しいたします。 

<実施日:7/27(土)11:00/15:00、7/28(日)14:00>

 

▼詳細・お申込みは、社会連携ポータルサイトをご覧ください

https://social-inclusion.kanagawa-arts.or.jp/support/93#support_content

 

ツアー情報

【いわき公演】8月4日(日) いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
【松本公演】8月17日(土)、18日(日) まつもと市民芸術館 小ホール

チケット

チケット発売日

KAme先行(かながわメンバーズWEB先行販売): 2024/5/9(木) ~

かながわメンバーズ入会はこちら

一般:2024/5/11(土)

チケット料金

入場順整理番号つき自由席(税込)

こども(4歳~高校生)1,000円
おとな4,500円

こども+おとなペア

(こども1枚・おとな1枚)

3,500円(2,000円お得)

こども+おとな+おとなトリオ

(こども1枚・おとな2枚)

6,000円(4,000円お得)

神奈川県民割引(在住・在勤のおとな)

神奈川県民割ロゴ

4,000円

※客席前方にこども優先エリアがあります。おとなの方のみのご観劇の場合は客席後方の一般エリアへのご案内となります。>>客席イメージ図

※こども+おとなペア、こども+おとな+おとなトリオはチケットかながわにて5月9日(木)より取扱い(前売のみ)

 ご入場時には皆様お揃いの上ご入場ください。お子様の年齢が証明できるものをご提示いただく場合がございます。
※神奈川県民割引はチケットかながわの電話・窓口にて5月9日(木)より取扱い(前売のみ、枚数限定、要住所確認)

※3歳以下のお子様はご入場いただけません。

※ご入場は開場時間より、チケットに記載されている整理番号順にご案内いたします。
※車椅子でご来場の方は購入前にチケットかながわにお問い合わせください。
※営利目的の転売禁止。 ※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。

チケット取扱い

チケットかながわ
インターネットで予約・購入はこちら

電話で予約・購入

0570-015-415(受付時間:10:00~18:00)

プレイガイド情報

■チケットぴあ   https://pia.jp/t/kaat/(Pコード: 526-078)

■イープラス    https://eplus.jp/kaat/

■ローソンチケット https://l-tike.com/play/kaat/ (Lコード:35525)

関連公演

KAATキッズ・プログラム2024『ペック』from スコットランド
7月6日(土)、7日(日)<大スタジオ>
作・出演:アンディ・マンリー
世界中で大人気!“とりのうたごえ”にさそわれて、見て、聞いて、楽しむ、
こどもとおとなのためのノンバーバルパフォーマンス。

 

<おすすめの年齢:3歳~6歳>

 

▼公演詳細

『ペック』バナー画像

 

▼KAAT キッズ・プログラム2024詳細

KAATキッズ・プログラム2024バナー画像

 

KAATフレンドシッププログラム  
みんなのKAATバックステージツアー for KIDS 夏休み特別版

 日時:8月4日(日)①10:30~ ②13:30~ <大スタジオ>

▼詳細・お申込み

みんなのKAATバックステージツアー2024チラシ


<ご来場の皆さまへのお願い>

ご来場前に必ず「ご来場のお客様へのお願い」をご確認ください。

※上演中・開演前・休憩中・終演後を問わず客席からの舞台撮影はご遠慮いただいております。

 

主催・企画制作:KAAT神奈川芸術劇場
後援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会

お問い合わせ:チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

左:文化庁ロゴ画像、右:マグカルロゴ画像