ニュース

主催事業情報 2024/6/10 【オンライン小口寄付者ご芳名】グリーンシアター・ワークショップ

「サステナビリティ」、日本語では「持続可能性」。将来にわたって環境がその多様性や生産性を持ち続け、その中で私たちの社会がその機能を継続していくことのできるシステムやプロセスのこと。いま社会が取り組むべき大きな課題です。舞台芸術に関わる者も社会の一員として例外でいることはできません。

 

KAAT神奈川芸術劇場は、2023年3月に「劇場がサステナビリティを考える 〜 環境に優しい舞台芸術」と題した講座を開催し、イギリスにおいて既に活用が始まっている環境配慮のためのガイドライン「シアター・グリーン・ブック」について学び、舞台芸術と環境を考える場をつくりました。
近年、舞台芸術の世界において、環境に配慮し創作や上演をおこなう事例も増えてきましたが、未だその関心が広く高まっているとは言えません。KAATでは、環境に配慮しながらこれまで以上に豊かな表現を生み出す舞台芸術(グリーンシアター)の姿を考えるために、これから継続的にワークショップを開催し、情報発信を続けてまいります。

 

皆様のご支援、誠にありがとうございました。
なお、ご寄付は年間を通して募集しております。
ぜひ、KAAT神奈川芸術劇場の取組へのご支援をお願い申し上げます。

 

 

ご芳名

匿名2名

 

(2024年6月4日現在)


公演情報

KAAT人材育成プログラム グリーンシアター・ワークショップ〜持続可能な舞台芸術を目指して〜

2024/6/10(月)<中スタジオ>

ファシリテーター:大島広子氏(舞台美術家、一般社団法人Image Nation Green 代表理事)

ゲスト:加藤絢香氏(国立劇場制作部伝統芸能課制作係)