ニュース

施設情報 2022/12/15 KAAT神奈川芸術劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防への取り組みとご来場のお客様へのお願い(12/15更新)

いつもKAAT神奈川芸術劇場をご利用いただき、ありがとうございます。

当劇場では、新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、下記のように対策を実施してまいります。
 

(1)お客様へのお願い

 

■以下のお客様につきましてはご来館をお控えいただきますようお願いいたします。

・体調がすぐれないお客様
・37.5度以上の発熱(または平熱に比べて高い発熱)や、咳、喉の痛み、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、下痢、嘔気・嘔吐などの症状があるお客様
・新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触があるお客様
・国が入国制限あるいは入国後の観察期間が必要としている国、地域から帰国し、必要な観察期間内であるお客様、また観察期間内の方との濃厚接触があるお客様
 

■ご来場時のお願い

・こまめな手洗い、手指消毒へのご協力をお願いいたします。各洗面所には液体石鹸を、劇場内各所には消毒液を設置しておりますのでご利用ください。
施設内では、常時正しいマスクの着用をお願いいたします(当劇場では不織布マスクの着用を推奨しています)。ただし、2歳未満のお子様のマスクの着用は推奨せず、また就学前のお子様はマスク着用を一律に求めません。また、健康上の理由や障がい等によりマスクの着用が困難な方については、ハンカチやティッシュ等で口を覆うことや、フェイスシールドなどマスク着用に代わる対応を行うことも可としますので、係員にお申し出ください。なお、特段の理由なく、マスクを着用されていないお客様の入館はお断りいたします。
・換気を強化しているため、空調効果が一時的に損なわれる可能性がございます。寒暖に配慮した備えを各自でご用意ください。
・施設内での飲食(レストランでの飲食やペットボトル飲料等の水分補給を除く。)については、指定された場所において、お客様同士一定の距離を確保するとともに、対面にならないようお召し上がりください。また、マスクを外している間は会話をお控えください。
・トイレに並ぶ、物販に並ぶ、ソファで休憩するなどロビーで過ごす際にはお客様同士一定の身体的距離を確保してください。
・飛沫感染防止の観点から、施設内での大声での会話はお控えください。また、咳エチケットにもご協力ください。
・着席時に他のお客様が自席前を通るときには、互いの接触を少なくするようご協力ください。
・入館時、サーモグラフィ等による検温をおこないます。検温により37.5度以上であった場合は、入館をお断りいたしますのであらかじめご了承ください。
・サーモグラフィ等の検温に伴い、通常より入場にお時間がかかる可能性がございます。開演しますとご入場をお待ちいただく場合や、ご自身のお席にご案内できない事もございます。あらかじめ時間に余裕を持ってご来館くださいますようお願いいたします。また、公演によっては規制退場をおこなう場合がございます。
・ご観劇中に体調がすぐれないとお見受けするお客様がいらっしゃった場合、スタッフがお声がけさせていただきます。
・楽屋口など劇場付近での出演者等の入待ち、出待ちはご遠慮ください。
・施設内で関係者の感染が発生した際には、保健所などへの公的機関による聞き取りに協力し、必要な情報を提供する場合があります。(なお、個人情報の取扱いにあたっては厳正な管理、監督をおこないます。)


(2)当劇場における感染予防への取り組み

 

■適切な換気

法令に則った、十分な性能を備える劇場の空調システムにおいて、外気導入率を上げ、必要換気量を確保しています。ホール・スタジオ・アトリエ・アトリウムは、「換気の悪い密閉空間」が生じないよう、二酸化炭素濃度を常時監視し、空調システムにより適切な換気を行っています。また、屋外に通じる扉や窓、客席扉を適宜開放し、換気の強化に努めます。

参考)令和3年5月までの最大観客数のホール公演における公演中の二酸化炭素濃度の平均は、749ppmです。
*「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」では、二酸化炭素濃度の目標基準値は1,000ppm以下とされています。

■消毒および清掃の徹底

お手洗いには液体石鹸を、劇場内各所にアルコール消毒液を設置しております。

施設内の不特定多数の方が触れる頻度の高い箇所は消毒液を用いた清掃を強化しております。

各施設の客席、扉、エレベーター、トイレ等、お客様がご利用になるエリアや備品のほか、出演者が利用する楽屋等に、抗ウイルス・抗菌コーティングを施工しております。

■身体的距離の確保

チケットカウンターや会場受付には換気に注意した上で飛沫防止の透明間仕切り板を設置いたします。

お客様が適切な距離を保って利用できるよう、施設内各所に足元に目印を設置し、案内表示やサイン等で注意喚起を促します。また、混雑緩和のため、係員による声掛けを適宜おこないます。終演時は必要に応じて規制退場をおこないます。

■検温の実施

施設の入口にサーモグラフィカメラ等を設置し、すべての入館者を検温します。

■スタッフのマスク着用

劇場スタッフはマスク着用で勤務にあたります。

■出演者・スタッフの健康管理

出演者やスタッフはこまめな手洗い、消毒液による手指の消毒を励行するとともに、毎日検温を実施し、健康管理に努めます。


 

当劇場の感染症拡大予防に関する詳しい取り組みについては、下記ガイドラインもご参照ください。

「KAAT神奈川芸術劇場における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(令和4年12月15日改定版)」

※本ガイドラインは、令和4年12月15日に一部改定いたしました。<12/15追記>

 

*神奈川県により「LINEコロナお知らせシステム」の運用は、令和4年12月12日に停止しました。

 

今後、新型コロナウイルスの感染状況、政府及び神奈川県の方針等により、公演実施予定や感染防止対策の方針が変更となる場合は、随時、KAAT 神奈川芸術劇場ホームページにてお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。