KAAT DANCE SERIES 2019

妖怪ケマメ L’esprit des haricots poilus

2019年10月05日(土)~2019年10月06日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

大人も子供も夢中になる、たぐいまれなるジャグリングショー!

二人が生き物のように操るボールから一瞬たりとも目が離せない!!!

KAAT神奈川芸術劇場では、2016年にジャグリングカンパニー「頭と口」の渡邉尚の『WHITEST』を上演いたしました。同作で渡邉尚は、ダンス・サーカス・ジャグリングの枠をいとも容易く飛び越え、人々の想像をはるかに超えた身体表現を披露し、衝撃を与えました。

今回、渡邉尚とタッグを組むのは、フランスの人気ジャグリングカンパニー「Defracto」のギヨーム・マルティネ。渡邉尚とギヨーム・マルティネがフランスで出会い、ジャグリングと身体に対しての価値観を共有したことがきっかけとなり、今回の共演が実現いたしました。

世界で活躍する彼らの共演を、今秋KAAT神奈川芸術劇場でご覧いただけます。日本で見ることができる希少な機会。新作『妖怪ケマメ L’esprit des haricots poilus』どうぞご期待ください。

Pierre MorelPierre Morel

「頭と口」渡邉尚とは       

はじめて渡邉尚を見た者は、だいたい驚く。

新種の野生生物のような超絶軟体と正確無比なジャグリング。しかも「上」ではなく床に対して行う独自の「フロア・ジャグリング」はコペルニクス的転回の発想である。ジャグリングもダンスも越えて、いまや渡邉は世界中のフェスティバル等から招聘される存在となっている。

その渡邉尚が新作をもって日本に帰ってくる。しかもフランスを代表する現代サーカスのカンパニー『デフラクト』のギヨーム・マルティネと奇跡のカップリングだ。音楽と衣装も日仏のコラボだという。タイトルの「妖怪ケマメ」とはなにか? ふたりの研ぎ澄まされた身体が出会うとき「ジャグリング妖怪」は現れる! 大人から子供まで、魂を抜かれにくるといいぞ!  乗越たかお(作家/ヤサぐれ舞踏評論家)

Pierre Morel

 渡邉尚(わたなべ ひさし)「頭と口」

カンパニー「頭と口」主宰。20歳から独学でジャグリングを始める。身体中で物を自在に扱うジャグリングに人間の動物性を見出し、逆立ちや軟体を駆使した独自の動きを探求。既存の大道芸やサーカスではない、新たな身体芸術・哲学としてのジャグリングを開拓している。2015年カンパニー「頭と口」を発足、ダンス、ジャグリング、サーカスの垣根を超え各界から注目を集める。16年末、フランスへ渡り、ヨーロッパ各国のフェスティバルに多数招聘。現在沖縄を拠点にアジア・ヨーロッパを中心に活動中。

渡邉尚(わたなべ ひさし)コメント

妖怪を辞書で調べると、“奇怪 な現象、またはそれを起こす 非科学的な存在”と出てきます。 昔の人は不思議で曖昧なことに名前をつけていたようです。

誰もいないのに鳴る音。揺れる明かり。ちょっとした癖。生き物のようなボール。手みたいに動く足の指。人間の形をしているけど人じゃないもの。

自分の周りをよく見てみると、知らないことで溢れています。ここではどんな小さなことにも名前を与える世界。 奇妙でポップで未知。そんな 妖怪ケマメにつままれに来てください。

Pierre Morel

 Guillaume Martinet (Defracto) / ギヨーム・マルティネ(デフラクト)

ジャグリングカンパニー「Defracto」主宰。サーカス学校ル・リド(フラ ンス)卒業。2008年に「Defracto」を結成。2009年、ソロ作品『Cinetique TOC』が、若手の登龍門と呼ばれるサーカスフェスティバル「シルク・ドゥ・ドゥマン」の審査員特別賞を受賞。以降、世界中で注目をあびる。2014年、新境地を開くべくデュオ『フラーク』を発表。”ジャグリングと身体による新しい言語”による他に類を見ない新しいパーフォーマンスで、ヨーロッパを中心に人気が急上昇し、各国から引っ張りだこになる。2016年に来日し、東京にて公演。

ギヨーム・マルティネ(デフラクト)コメント

『妖怪ケマメ』はジャグリングの技術を掘り下げた作品です。

スゴくて楽しめ、なおかつ奥深いパフォーマンスを作るために、2つの文化の間を長く旅してきました。

最大の挑戦は、ボールひとつから、創作で用いる単語ひとつに至るまで、全てをいちから積み上げていくことでした。

自分の文化や言語圏の外に出て何かをするのは簡単ではありません。膨大な仕事量でこの作品を作り上げてきました。

とても良い雰囲気の中、このチームでここまで来ることができて感無量です。

 


【スタッフ】

音楽・特別出演: 野村誠

音楽・装置: シルヴァン・ケモン

照明: アルリック・レノー

編み手・ボール製作・通訳: 儀保桜子

衣装: エヴ・ラゴン

ドラマトゥルク: ジョアン・スワルトヴァゲール

舞台監督:岩谷ちなつ

技術監督:堀内真人

制作: 井上舞子、ロー・カイヤ、カミーユ・タルヴァ

制作統括:横山歩

企画製作・主催:KAAT神奈川芸術劇場

公演情報

公演期間

2019年10月05日(土)~2019年10月06日(日)

会場

大スタジオ

公演スケジュール

10月5日(土)12:00/17:00★
10月6日(日)12:00/15:00

*=開場は開演の30分前
★=託児サービスあり。公演1週間前までに要予約・有料(マザーズTel.0120-788-222) 

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2019年06月23日(日)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2019年07月21日(日)

チケット料金

全席自由席
一般:3,000円 ペアチケット:5,000円 当日券:3,500円

U24チケット(24歳以下):1,500円 高校生以下割引(高校生以下):1,000円 シルバー割引(満65歳以上):2,500円

*未就学児入の入場はご遠慮ください。
*ペアチケットはチケットかながわで取扱(前売りのみ)
*U24、高校生以下、シルバー割引はチケットかながわで取扱(前売りのみ・枚数限定・要身分証明書)
*車椅子でご来場の方は、事前にチケットかながわにお問合せください。
*営利目的の転売禁止

チケット取り扱い

▽チケットぴあ   
http://pia.jp/t/kaat/
(PC・スマートフォン)
0570-02-9999(Pコード:495-588)

▽イープラス
http://eplus.jp/kaat/
(PC・スマートフォン)

▽ローソンチケット 
http://l-tike.com/play/kaat
0570-084-003 (Lコード35291)