ニュース

KAAT体験ワークショップ、9月に開催!

2011-08-18

緊急開催決定! 宮本亜門イチ押し!

ドラマやダンスを通して生きていることを謳歌するワークショップ!

 

 

 

 

 KAATのスタジオを会場に、中学生以上の方を対象としてドラマやダンスのワークショップを開催いたします。ドラマやダンスの手法を用い、即興で演じたり踊ったりカラダを動かしていきながら進めていくワークショップです。経験は問いません。カラダを動かし表現していくことの面白さを体験してみませんか?

 

 

【芸術監督より】

 

震災・原発と私たちは時代の大きな変わり目、パラダイム・シフトにいます。それだけに、生きていることを実感し、心や体と向きあい、今を存分に生きようではありませんか。私がおすすめするお2人はドラマやダンスをメソッドとして、人々の心を開かせるワークショップを重ねてきた方々です。もっと元気になって、パワー溢れる毎日を送るため、是非、参加してみて下さい。プロ・アマ問わず経験不問、あなたの人生が今回の主役です。                     KAAT神奈川芸術劇場 芸術監督  宮本 亜門

 

 

 

ワークショップ(1)】「プレイバック・シアター」による即興劇ワークショップ

  2011917()13:0018:00 神奈川芸術劇場(中スタジオ)  

 ★託児サービスあり

 

講師: 羽地朝和 (はねじ ともかず)

 「人生のアルバムをめぐる即興劇」――参加者自らの体験をもとに一つの即興劇を組み立て演じる「プレイバック・シアター」の手法を使った演劇ワークショップ。ストーリーを語り、即興で表現し、分かち合うことで場が深まり、新たなストーリーがまたうまれる。自分自身を見つめ直し、また、思いがけない「気持ち」に出会うことができるかも。

 

 

【ワークショップ(2)】香瑠鼓 ダンスワークショップ 

 2011924()13:0016:00 神奈川芸術劇場(アトリエ) 

 

講師:香瑠鼓(かおるこ)

カラダっておもしろい!共振するココロとカラダ。見晴らしよく心地よいアトリエで、思いのままにカラダを動かしてみませんか。「擬態語」「唄」「台詞」などを用い、全体でひとつの小作品をつくっていきます。参加者全員で即興で踊り、つながる充実感を味わいながら、自分の新しい魅力や表現を発見しましょう。

 

【対象・定員・参加費】 

対象/中学生以上 定員/各25(先着順) 参加費/各1,500

★9月17日(土)のワークショップでは託児サービスがあります。9月9日()までに要予約・有料。マザーズ0120-788-222(10:0012:0013:0017:00 平日のみ)にお申し込み下さい。定員に達し次第受け付けを終了いたします。

 

【お申し込み方法】

(1)参加希望ワークショップ講師名 (2)名前(フリガナ) (3)性別 (4)年齢 (5)住所 (6)電話番号 (7)FAX番号 (8)メールアドレス (9)受講動機・ワークショップに期待すること  (10)演劇・ダンス経験の有無 (11)その他(障害をお持ちの方、講師に事前に伝えたいことがある方など)以上をご記入の上(書式任意)FAXもしくは電子メールで下記の宛先までお送りください。

  
※定員に達しましたので締め切りました。

 

宛先:FAX045-681-1691、メール:oubo@kanagawa-af.org

受付後3日以内に確認のご連絡をします。

お問い合わせ:045-633-6500(神奈川芸術劇場) 

 

 

【講師プロフィール】

 

羽地朝和 (はねじ ともかず)

日本におけるプレイバック・シアターの第一人者。教育・医療・企業と様々な分野で活躍。対話を通して人と人とのかかわりを育む即興劇(プレイバック・シアター)を用い、豊かな言語的、身体的表現の機会の提供、コミュニケーション能力の向上を目指している。

 

香瑠鼓(かおるこ)

振付家、アーティスト。20年以上斬新で独創的な振り付けを第一線で手がけ、振り付け界随一のヒットメーカーの異名を持つ。Wink等でレコード大賞3年連続受賞。主な振付作品に「慎吾ママのおはロック」「グリコポッキー」など多数。即興のオリジナルメソッドによるワークショップを16年以上行い、近年では東京大学他で特別講義を担当。

 

 

主催/神奈川芸術劇場(指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団)

文化庁 平成23年度優れた劇場・音楽堂からの創造発信事業