パリのおばあさんの物語

2012年11月24日(土)

Bookmark and Share

作品情報

岸惠子が初めて翻訳したフランスの絵本を岸惠子の朗読と仲道郁代のピアノで描き出す。
パリに住むおばあさんの老いと孤独を前向きにとらえる姿が勇気を与えてくれる。

~朗読と音楽~
パリのおばあさんの物語
スージー・モルゲンステルヌ著/岸惠子訳(千倉書房)

 長らくパリに暮らしてきた女優 岸惠子が初めて手掛けた翻訳は、
フランスで20年以上も読み継がれている絵本でした。
ナチス政権による暗黒の時代を生き抜いたユダヤ人のおばあさん。
明るく、おちゃめで、どんなときにも「明日になれば、きっと良くなるわ」と言います。老いと孤独に対するやわらかく爽やかな生き方を綴った絵本です。
フランス生活40年の岸惠子ならではのメッセージが込められた絵本の朗読を仲道郁代の音楽が優しく豊かに包みます。

朗読/岸 惠子
ピアノ/仲道 郁代
演出/田尾下 哲

主催/クラシック名古屋
企画・制作協力/ 株式会社 オレンジノート
協力/神奈川芸術協会
提携/KAAT神奈川芸術劇場(指定管理者:公益財団法人神奈川劇術劇場) 

(お問合せ)
▼クラシック名古屋
TEL/052-678-5310 HP/http://clanago.com

公演情報

公演期間

2012年11月24日(土)

会場

ホール

公演スケジュール

11.24(土) 16:00
※開場は開演の30分前

チケット購入

チケット発売日


・一般:2012年05月19日(土)

チケット料金

(全席指定)
S席 6,500円
A席 6,000円
B席 5,500円
1,2,3階イス付立見席 3,000円