KAAT×地点 共同制作第8弾

地点『山山』

2018年06月06日(水)~2018年06月16日(土) 

Bookmark and Share

作品情報

美しかった山、となりには汚染物質の山、谷あいの家族たち
松原俊太郎による現代日本のフォークロア、KAAT×地点待望の最新作!!

 

 昨年大きな話題を呼んだ『忘れる日本人』を生み出した劇作家・松原俊太郎と、地点の演出家・三浦基。この二人が再びタッグを組み、新作『山山』と『忘れる日本人』を連続上演します。

 

あらすじ

 立入禁止区域。かつてそこに暮らしていた家族が我が家に戻ると、作業用ロボットと外国人労働者による除染作業が行われていた。山に分け入る一行。山から降りてくる鬼。放蕩息子の帰還は状況に変化をもたらすのか。
  労働と愛(チェーホフ)、生と死(ベケット)、あらゆる表象と紋切り型(イェリネク)、そして「アメリカ」の「偉大な」作家ハーマン・メルヴィルの『バートルビー』をモチーフに、かつては美しかった山と汚染物質の山の狭間で暮らす家族たちの新たな抵抗を描く。

 

【作】松原俊太郎
【演出】三浦基

【出演】
 安部聡子 石田大 小河原康二 窪田史恵 小林洋平 
 田中祐気 麻上しおり 

「山山」特設サイト→こちら

トークゲスト決定!

6月7日(木)
 出演:白井晃(演出家・俳優・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)/松原俊太郎/三浦基
6月8日(金)
 出演:濱口竜介(映画監督)/三浦基

濱口竜介
1978年神奈川県生まれ。映画監督。主な作品に、東日本大震災の被災者へのインタビューから成る映画『なみのおと』『なみのこえ』、東北地方の民話の記録『うたうひと』(2011~2013年、共同監督:酒井耕)、第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞受賞作『ハッピーアワー』(2015年)など。最新作『寝ても覚めても』はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された(日本公開は9月予定)。
 

 

舞台美術:杉山至  
衣裳:コレット・ウシャール  
照明:横原由祐  
音響:徳久礼子
舞台監督:藤田有紀彦  
プロダクション・マネージャー:山本園子  
技術監督:堀内真人
写真:石川竜一 
宣伝美術:松本久木
制作:千葉乃梨子、田嶋結菜

主催:KAAT神奈川芸術劇場
 

お問い合わせ : チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

 

『忘れる日本人』公演ページはこちら

 

公演情報

公演期間

2018年06月06日(水)~2018年06月16日(土)

会場

中スタジオ

公演スケジュール

6.6 (水) 19:30
6.7 (木) 19:30 ★
6.8 (金) 19:30 ★
6.9 (土) 19:30 ◎
6.10 (日) 休演
6.11 (月) 19:30
6.12 (火) 19:30
6.13 (水) 19:30
6.14 (木) 19:30
6.15 (金) 19:30
6.16 (土) 17:00

★の回終演後にアフタートークあり。
6月7日(木)
出演:白井晃(演出家・俳優・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)/松原俊太郎/三浦基
 
6月8日(金)
出演:濱口竜介(映画監督)/三浦基


◎印の回は託児サービスあり。
 公演1週間前までに要予約・有料。
(マザーズ・TEL. 0120-788-222)
※開場は、開演15分前

休演日

6.10 (日)

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2018年04月07日(土)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2018年04月14日(土)

チケット料金

【全席自由/入場整理番号付き】

▼一般
3,800円

▼U24チケット(24歳以下)
1,900円

▼高校生以下割引
1,000円

▼シルバー割引(満65歳以上)
3,300円

▼2演目セット券
(「忘れる日本人」「山山」両方
 ご購入で500円割引)
6,800円

※未就学のお子様のご入場はお断りして
 おります。

チケット取り扱い

▼チケットぴあ 
http://pia.jp/t/kaat/
0570-02-9999(Pコード:484-879)

▼イープラス 
http://eplus.jp/kaat/ (PC・携帯)

▼ローソンチケット 
http://l-tike.com/play/kaat/
0570-084-003 (Lコード 33871)

※2演目セット券はチケットかながわのみ
 取扱い。
※割引チケットは4/14よりチケットかな
 がわの電話・窓口のみ取扱い。
 (前売りのみ・枚数限定)
※車イスでご来場の方は事前にチケット
 かながわにお問合せください。