KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
やなぎみわステージトレーラープロジェクト
『日輪の翼』

2016年06月24日(金)~2016年06月26日(日) 

Bookmark and Share

作品情報


やなぎみわステージトレーラープロジェクト『日輪の翼』

本日の実施について

(6月26日15時半現在)

本日の公演は予定通り実施いたします。

開場:18:00/開演:18:30

  

*本公演は演出の都合上、通常の野外公演よりも天候による影響を強くうけます。

開演直前、または上演中であっても、

天候の急激な変化等の状況により、中止/中断させていただく場合もございます。

あらかじめご了承ください。

 


 

前代未聞!
台湾生まれの移動舞台車(ステージトレーラー)が、
中上健次のロードノベル「日輪の翼」そのままに全国を巡る

台湾で出会った移動舞台車(ステージトレーラー)に魅せられ舞台車での演劇公演を企てたやなぎは、自らデザインし輸入した舞台車を、まずはヨコハマトリエンナーレ2014へ出展。その後も舞台公演のための試行錯誤を重ね、今年遂にKAATとともに演劇公演を立ち上げることとなった。台湾で独自の発展をとげた移動舞台車はタイワニーズ・キャバレーとも呼ばれ、荷台の背がもちあがり光り輝く舞台が出現する仕様。やなぎの製作した舞台車は、日本での走行のために改良し、初めて日本の地を踏んだ唯一無二のトレーラー。中上健次の「日輪の翼」に描かれるオバたちの聖地巡礼に重ね、オバたちの乗るトレーラーを舞台に上演される前代未聞の演劇プロジェクト。中上ゆかりの熊野の新宮をはじめ、横浜を起点に各地を巡る。
 


やなぎみわステージトレーラープロジェクト『日輪の翼』
上演時間のお知らせ

一部:約70分
休憩:10分
二部:約65分

(終演は20:55頃を予定しております。)

<ご来場いただくお客様へ>

・本作は野外公演のため、雨風や夜間の気温低下が予想されます。雨具や夜間の防寒具等をお持ちください。
・途中休憩が短いため、お手洗いは開演前にお済ませくださいますようお願いいたします。
・お手洗いは、赤レンガ倉庫内のお手洗いをご利用ください。
・上演中でも、急な天候の変化により、中断させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
・天候による催行の可否に関しては、毎日昼12時頃に本ホームページに情報を掲載いたします。
演出の都合上、天候の変化に強く影響をうけるため、ご来場予定の皆様は、上記ご確認のうえご来場ください。

 



原 作:中上健次
演出 ・美術:やなぎみわ
音楽監督:巻上公一
脚 本:山﨑なし


【出演者】(五十音順)

<オバ> 
重森 三果 (和楽アーティスト)
SYNDI ONDA (歌手)
ななな (クラウン)
檜山 ゆうこ (ボイス・パフォーマー)
南谷 朝子 (俳優)

<若衆> 
石蹴 鐘 (サーカス・パフォーマー)
上川路 啓志   (俳優)
辻本 佳 (ダンサー)
西山 宏幸   (俳優)
村岡 哲至 (俳優)

<若い女> 
サカトモコ (サーカス・パフォーマー)
藤井 咲有里 (俳優)
MECAV (ポールダンサー)

<楽隊> 
Saro  (タップミュージシャン)
嶋村 泰 (ギタリスト)




舞台車でのショー風景



『日輪の翼』あらすじ
住み慣れた熊野の〈路地〉から立ち退きを迫られた七人の老婆たちは、同じ〈路地〉出身の若者・ツヨシらが運転する冷凍トレーラーに乗って流浪の旅に出た。伊勢、諏訪、出羽、恐山、そして皇居へと至る道中で、御詠歌を唱え、神々との出会いに至福を分かち合う老婆と、女漁りに奔走し性の饗宴を繰り広げる若者たちの、珍妙無比な遍路行。滑稽と悲哀、解放と喪失、信仰とエロティシズム……。〈路地〉の先に広がる遥遠なる旅に、人間の原初の輝きを生き生きと描きだした中上健次の痛快傑作。



中上健次(なかがみけんじ・作家・1946~1992)
『十九歳の地図』で注目を集め、76 年『岬』で戦後生れとして初の芥川賞受賞作家となる。77年『枯木灘』で芸術選奨新人賞、毎日出版文化賞を受賞。「紀州サーガ」と呼ばれる濃密で重層的な作品群を創出した。代表作に上記のほか『日輪の翼』、『千年の愉楽』等。2016年は生誕70周年となる。



やなぎみわ(演出家・現代美術家)
神戸市生まれ。1990年代後半より写真作品を発表。ドイツ・グッゲンハイム美術館、原美術館、国立国際美術館をはじめ国内外での個展多数。2009年、ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館代表。2011年から本格的に演劇活動を始め、美術館や劇場等で上演を重ねる。KAATでは、やなぎみわ演劇プロジェクトとして2011年に『1924海戦』、2013年に『ゼロ・アワー東京ローズ最後のテープ』に取り組み、『ゼロ・アワー』は終戦70年を迎えた2015年に北米5都市を巡回した。京都造形芸術大学美術工芸科教授。2016年東アジア交流使
 


【スタッフ】
照 明: 藤本隆行 (Kinsei R&D)
音 響: 高田文尋 (株式会社ソルサウンドサービス)
演出助手:中野敦之 (唐ゼミ☆)
舞台監督:大久保歩 (KWAT)

ステージトレーラープロジェクト・ディレクター:粟津 一郎
プロダクション・マネジャー:  高橋 淳一
技術監督:          堀内 真人 (KAAT)

広報デザイン:木村 三晴
プロデューサー:髙樹 光一郎 (HIWOOD)/林 美佐 (KAAT)
制作統括:崎山 敦彦(KAAT)

 

【主催・製作】
 KAAT神奈川芸術劇場、やなぎみわステージトレーラープロジェクト

【共催】
 横浜赤レンガ倉庫1号館(公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)

【助成】
 一般財団法人地域創造
 公益財団法人全国税理士共栄会文化財団

【照明協力】
カラーキネティクス・ジャパン株式会社


【2016日本ツアー】
8月6日(土) 新宮公演 
会場:和歌山県新宮港緑地
主催:「中上健次生誕70年記念事業」実行委員会
チケット:5月9日売出開始(イープラス)

8月27日(土)~28日(日) 高松公演  
会場:香川県高松港周辺
主催:瀬戸内国際芸術祭実行委員会
チケット:6月1日売出開始(イープラス)

9月2日(金)~4日(日) 大阪公演
会場:クリエイティブ・センター大阪(名村造船所跡地)
※詳細未定
※地方公演についての詳細は、やなぎみわステージトレーラープロジェクト(HIWOOD内:03-3320-7217)にお問合せください。

 


オープンシアター「KAAT突然ミュージアム2016」に参加します!

◎やなぎみわステージトレーラープロジェクト『日輪の翼』リハーサル公開
5.28(土)18:30-20:00

◎巻上公一 ワークショップ「鳥になるためのワークショップ」
5.29(日)11:00-13:00
※要申し込み

詳細は、KAATオープンシアターサイトをご確認ください!
http://www.kaat.jp/d/totsuzen2016


 

公演情報

公演期間

2016年06月24日(金)~2016年06月26日(日)

会場

その他

公演スケジュール

6.24(金) 18:30
6.25(土) 18:30
6.26(日) 18:30
※開場は開演の30分前


会場:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場(野外公演)

助成

一般財団法人地域創造
公益財団法人全国税理士共栄会文化財団

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2016年03月19日(土) ~2016年04月01日(金)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2016年04月02日(土)

チケット料金

▼全席自由/入場整理番号付き
前売一般
4,000円  

U24チケット 
2,000円

高校生以下割引
1,000円

シルバー割引
3,500円

当日
4,500円(各種割引はなし)

※各種割引チケットについては、チケットかながわ(電話窓口)のみでのお取扱いとなります。
※未就学のお子様のご入場はお断りしております。

チケット取り扱い

▼チケットぴあ
0570-02-9999 [Pコード 450-619]
http://pia.jp/t/kaat/

▼イープラス
http://eplus.jp/ (PC・携帯)

▼ローソンチケット
0570-084-003 [Lコード:34809] 
http://l-tike.com/play/kaat/

※就学前のお子様はご入場できません。
※本公演は野外公演のため、台風などの荒天時は中止の可能性があります。
公演当日12時に開催の有無を決定し、KAATウェブサイトhttp://www.kaat.jp/ 及び
やなぎみわオフィシャルHP http://www.yanagimiwa.net にてお知らせします。