KAAT神奈川芸術劇場プロデュース

『ルーツ』

2016年12月17日(土)~2016年12月26日(月) 

Bookmark and Share

作品情報

【お知らせ】

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ルーツ』につきまして、出演者にインフルエンザ陽性反応が出ましたため、2016年12月23日(金・祝)~25日(日)の計3公演を中止とさせていただきました。
公演を楽しみにしていただいたお客様に、ご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

上演中止の回のチケットの払い戻しにつきましてはこちらをご覧ください。

http://www.kaat.jp/news_detail?id=966

KAAT神奈川芸術劇場
2016年12月26日

 

私たちはどこから来てどこに向かうのか?
現代日本の縮図のような、過疎の集落における希望と絶望の物語。
微生物の発見や新しい生命の誕生は、この集落をはたして再生に導くのか?
これまでの、そして、これからの共同体の姿を問う意欲作。


脚本:松井周(サンプル)
演出・美術:杉原邦生(KUNIO)


【出演】
石田 圭祐(文学座)
猪股 俊明
内田 淳子
金子 岳憲
北川 麗(中野成樹+フランケンズ)
洪 雄大(中野成樹+フランケンズ)
中山 求一郎
成田 亜佑美
南波 圭(なんばしすたーず)
新名 基浩
能島 瑞穂(青年団)
長谷川 洋子
日髙 啓介(FUKAIPRODUCE羽衣)
山崎 皓司(FAIFAI)

銀粉蝶

 

【あらすじ】

山の中にある、鳴瀬という小さな集落に、一人の男がやってくる。その男は古細菌という微生物の研究者で、鳴瀬鉱山という廃鉱を訪ねに来たという。しかし、鳴瀬の住民たちは彼を素直に歓迎するわけにはいかない。何故なら、鳴瀬鉱山では五十年前に鉱毒事件が発生し、住民たちはそれから「地図にない村」の一員としてひっそりと暮らしてきたからだ。研究者の男は、鳴瀬に滞在することを決める。彼は住民たちと生活を共にしながら、鳴瀬の隠された部分にまで足を踏み入れることになる。

 


PROFILE

杉原邦生 Kunio Sugihara
1982年東京生まれ、神奈川県茅ケ崎育ち。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科在学中に自身が様々な作品を演出する場としてプロデュース公演カンパニー“KUNIO”を立ち上げ。これまでにイヨネスコの『椅子』や、上演時間が約8時間半にも及ぶ大作『エンジェルス・イン・アメリカ』の第一部・第二部を連続上演している。2008-2010年には、こまばアゴラ劇場主催の舞台芸術フェスティバル<サミット>ディレクター、2010-2013年まではKYOTO EXPERIMENTフリンジ企画のコンセプターを務めた。 近年の演出作に、KUNIO11『ハムレット』、KUNIO12『TATAMI』、木ノ下歌舞伎『黒塚』、『三人吉三』(2015年読売演劇大賞上半期作品賞)、『勧進帳』などがある。


松井周 Shu Matsui
1996年、青年団に俳優として入団。青年団若手自主企画公演を経て、2007年に劇団サンプルを旗揚げ。作家・演出家としての活動を本格化させる。2011年『自慢の息子』で第55回岸田國士戯曲賞を受賞。『パイドラの愛』(サラ・ケイン)、『火の顔』(マイエンブルグ)など海外戯曲の演出も手がけ、さいたまゴールドシアター『聖地』(演出:蜷川幸雄 2010年)、新国立劇場『十九歳のジェイコブ』(原作:中上健次、演出:松本雄吉 2014年)など脚本提供でも注目を集める。小説やエッセイ、TVドラマ脚本などの執筆活動、CMや映画、TVドラマへの出演なども行う。


 

【メディア情報】

「カンフェティ」WEBインタビュー
 松井周・杉原邦生 対談

「ぴあ+(演劇)」12月号
 杉原邦生インタビュー

「ステージナタリー」
 松井周・杉原邦生 対談&稽古場レポート

「シアターガイド」2017年1月号
 松井周・杉原邦生 対談
 

当日券情報

12月26日(月)14:00開演
◇13:15~5F大スタジオ受付にて販売開始
入場整理番号付自由席:一般 4,500円 (余裕あり)
※現金での取り扱いのみ
※未就学児の入場はご遠慮いただいています。

公演情報

公演期間

2016年12月17日(土)~2016年12月26日(月)

会場

大スタジオ

公演スケジュール

12.17(土)17:00
12.18(日)14:00#
12.19(月)14:00★/ 19:00
12.20(火)14:00★
12.21(水)19:00
12.22(木)休演日
12.23(金祝)14:00
12.24(土)14:00
12.25(日)14:00
12.26(月)14:00

※開場は開演の30分前。
※未就学児童の入場はご遠慮いただいております 。
★=アフタートークあり。19日(月)白井晃×杉原邦生、20日(火)松井周×杉原邦生
#=託児サービスあり。公演1週間前までに要予約・有料(マザーズTel.0120-788-222)

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2016年09月04日(日) ~2016年09月17日(土)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2016年09月18日(日)

チケット料金

(税込・整理番号付自由席)
前売 一般4,000円
当日 4,500円
 
U24(24歳以下) 2,000円  
高校生以下 1,000円

チケット取り扱い

▶チケットぴあ
電話0570-02-9999 (Pコード:453-804)
http://pia.jp/t/kaat/(PC・携帯)

▶イープラス
http://eplus.jp/kaat/(PC・携帯)

▶ローソンチケット
電話0570-08-4003(Lコード:32223)
http://l-tike.com/play/kaat/(PC・携帯)

▶tvkチケットカウンター
http://www.tvkcom.net/