KAAT EXHIBITION 2017
「かたり(語り/騙り)の空間」
詩情の森‐語りかたられる空間
オープンシアター2017

2017年04月30日(日)~2017年05月28日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

劇場全体がミュージアムに、新進作家のアート作品と多彩なイベント。

特設ウェブサイト

http://kaat-seasons.com/exhibition2017/

 



◎「詩情の森−語りかたられる空間」
4.30(日)~5.28(日) 会期中無休
KAAT神奈川芸術劇場 3F中スタジオ

角文平  Bunpei Kado
金子富之  Tomiyuki Kaneko
田中望  Nozomi Tanaka
藤堂  TODO
長沢明  Akira Nagasawa
三瀬夏之介  Natsunosuke Mise

あらゆる美術作品は、作品である限り言葉を発することはありません。しかし、作品たちは我々と出会う時、自らに秘められた数々の思い、魅力、物語を多彩かつ巧みなイメージをもって、我々に様々な言葉を想起させます。本展では、日本画と彫刻を制作する6人の作家たちが、KAAT神奈川芸術劇場のスタジオという、本来はパフォーマンスや舞台芸術を行う空間を活用し、彼らのこれまでの活動の枠組みを超えた実験的なアプローチを試みます。和紙、墨や岩絵具といった素材により構成された作品が発する「叙情的」な画面と、石、ガラス、そして金属からなる彫刻群とが、互いにリズムを刻みながら巧緻に関係し合うことで、情感溢れる現代美術の「森」が劇場のスタジオに出現します。我々は、その空間に身を置くことで、きっとこれまでにない新鮮な体験をすることになるでしょう。作品たちとの邂逅で湧き上がる言葉の中に漂うように、「詩情の森」を散策してみませんか。
 



◎「オープンシアター2017」
5.28(日)KAAT神奈川芸術劇場内各所

飯川雄大  Takehiro Iikawa
石塚源太  Genta Ishizuka
小林耕二郎 Kojiro Kobayashi
宮永亮  Akira Miyanaga

数々の公演を開催してきたKAAT神奈川芸術劇場を開放し、創造の楽しさを味わうことのできる「オープンシアター」。「オープンシアター2017」では、彫刻、映像、写真、漆芸をつくる現代美術作家と作品が劇場のあらゆる場所に出現し、劇場といかに関係するかという実験を試みます。作家によるギャラリートーク、ワークショップ、そしてパフォーマンスなど、この1日しか体験することのできない多彩なイベントも開催します。現代美術を軸にさまざまなジャンルの芸術が交差し、新たな表現の可能性とかたりの空間がうまれることでしょう。劇場という場のもつイメージを解放し、美術と積極的にかかわるKAAT神奈川芸術劇場の世界をぜひお楽しみください。

 



パフォーマンス、ワークショップ、トークなどのイベントの最新情報は、随時ホームページでお知らせします。

HP:http://kaat-seasons.com/exhibition2017/
Facebook:@kaat.thepoetry @kaat.opentheatre2017




主催:KAAT神奈川芸術劇場
協力:ART FRONT GALLERY、IMURA ART GALLERY、MIZUMA ART GALLERY、多摩美術大学、東北芸術工科大学、NHK横浜放送局




 

 

公演情報

公演期間

2017年04月30日(日)~2017年05月28日(日)

会場

中スタジオ

公演スケジュール

▼「詩情の森−語りかたられる空間」
4.30(日)~5.28(日)会期中無休
KAAT神奈川芸術劇場3F中スタジオ
開館時間:10:00~18:00 (入場は閉場の30分前まで)


▼「オープンシアター2017」
5.28(日)KAAT神奈川芸術劇場内各所
開館時間:10:00~18:00

チケット購入

チケット料金

▼「詩情の森−語りかたられる空間」
・一般600円
・学生・65歳以上500円
・高校生以下無料
障害者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料/10名以上の団体は100円引き

▼「オープンシアター2017」
入場無料


▼リピーター割引
「詩情の森」展の展覧会チケット半券を3F展覧会受付でご提示いただくと、一般入場料が100円引きになります。(何度でも有効)

※チケットかながわでの取り扱いはありません。