KAAT DANCE SERIES 2018

北村明子 Cross Transit project 「土の脈」

2018年10月12日(金)~2018年10月14日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

言語が異なる土地では、身振り、呼吸、意味をなさない声の振動すら重要な対話のリズムとなる

【作品紹介】

ゆっくりとした時間が流れるインド北東部マニプール州で、作曲家・音楽家のマンガンサナと出会い、土地の暮らし、太古の音楽、踊りや武術に触れながら、大切に受け継がれてきた脈を、現代に生きる身体へと注いでいく対話の豊かさを改めて感じた。

その土地に溢れる生活のリズムが身体に浸透し、脈を打ち、記憶が呼び起こされ、身体の内外の小世界が繋がりを持つ。

身体の脈を地に伝えるステップと、地から返される振動はダンスという「うねり−serpentine」へと変換される。そのうねりに身を委ね、異なるリズムの混在とそれらが溶け合う喜びの時間。

それは、文化や言語などの違いを超えて、土地ごとの音楽や身体の所作に大切に受け継(トランジット)がれている「種」を融合(クロス)させ 「未来のアジア」として開花させるという、ひとつの祈りかもしれない。

 

【演出・構成・振付・出演】

北村明子

 

【ドラマトゥルク・音楽提供・出演】

マヤンランバム・マンガンサナ(インド・マニプール)

 

【振付・出演】

 柴一平、清家悠圭、川合ロン、西山友貴、加賀田フェレナ、

チー・ラタナ(Amrita Performing Arts,カンボジア)、ルルク・アリ(Solo Dance Studioインドネシア)

 

【出演】

阿部好江(鼓童) 

 

【Cross Transit project】

北村明子が2015年に開始した、日本とアジアのアーティストと共に創り上げる国際共同制作プロジェクト。東南〜南アジアの各地域に根差した伝統舞踊、音楽、精霊儀礼、武術のリサーチを行い、そこで出会ったアーティストや文化からインスピレーションを受け「記憶」「廃墟」「身体」をキーワードに、歴史的な流れや場所を横断するような実験的作品を発表。リサーチプロセスもwebサイトで公開。

Cross Transit オフィシャルwebサイト www.akikokitamura.com/crosstransit/

 

【プロフィール】

北村明子    

振付家、ダンサー、信州大学人文学部准教授

1995年文化庁派遣在外研修員。Bates Dance Festival(USA)、American Dance Festival(USA)にて委託作品発表。代表作『finks』(2001年国内初演)は多数都市にて上演、モントリオールHOUR紙2005年ベストダンス作品賞受賞。2005年ベルリン「世界文化の家」委託作品『ghostly round』は2008年まで世界各国で上演し、絶賛を得た。2011年インドネシア国際共同制作To Belong project (第7回日本ダンスフォーラム賞受賞)を開始し、国内外にて毎年新作を上演。2015年ACC個人助成日米芸術交流プログラムグランティスト。

2016年アジアとのプロジェクト第2弾Cross Transit projectを始動、2017年、サウンドモーフィングとダンスの実験として、ソロ作品『TranSenses』をNY、モントリオールにて発表。2017年11月『Cross Transit』をカンボジア、プノンペン市にて上演。2018年3月にはCross Transit project最新作『vox soil』の東京初演を行った。

 

公式HP www.akikokitamura.com

 

音楽ディレクター:横山裕章(agehasprings)
舞台美術・宣伝美術 :兼古昭彦
テクニカルディレクター・照明デザイン:関口裕二(balance,inc.DESIGN)
舞台衣裳:堂本教子
制作:福岡聡(Catalyst)、千葉乃梨子(KAAT)
宣伝写真:大洞博靖

 

主催:一般社団法人オフィスアルブ、KAAT神奈川芸術劇場

助成:芸術文化振興基金

         国際交流基金アジアセンター  アジア・文化創造協働助成

 

 

   

  

 

公演情報

公演期間

2018年10月12日(金)~2018年10月14日(日)

会場

大スタジオ

公演スケジュール

10.12(金)19:30
10.13(土)13:00★/18:30
10.14(日)13:00
※開場は開演の30分前
★託児サービスあり。公演1週間前までにマザーズ TEL.0120-788-222へ直接
ご予約ください。受付時間10:00~12:00/13:00~17:00(土日祝日は除く)

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2018年08月25日(土)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2018年09月01日(土)

チケット料金

料金 (全席指定・税込み) 
一般:4,000円
U24(24歳以下):2,000円
高校生以下:1,000円
セット券:8,000円
伊藤郁女・森山未來『Is it worth to save us?』(11/1~4)とのセット券。
別々に買うと9,000円のところ、セットで8,000円。

◇割引チケット販売について
 U24、高校生以下、セット券
 一般発売日9月1日から
 チケットかながわのみ取り扱い
 インターネット、電話・窓口で販売
※車イスでご来場の方は事前にチケット
 かながわにお問合せください。
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。

チケット取り扱い

▼チケットぴあ   http://pia.jp/t/kaat 
0570-02-9999(Pコード:487-955)

▼イープラス    http://eplus.jp/kaat/

▼ローソンチケット http://l-tike.com/play/kaat 
0570-084-00(Lコード:33546)

※未就学児入場不可
※車イスでご来場の方は事前にチケットかながわにお問合せください。