アンサンブル・ジェネシス新作公演 「エウリディーチェの嘆き」

2011年11月05日(土)~2011年11月06日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

ヨコハマトリエンナーレ2011連携プログラム 平成23年度文化庁芸術祭参加公演 ST Spot i.e.project05 アンサンブル・ジェネシス新作公演

オウィディウスの『変身物語』の1編を題材にバロック曲と現代曲を取混ぜ、深く愛する、死した妻・エウリディーチェを、冥界に迎えに行く夫・オルフェオの物語を、絶望の淵に立つエウリディーチェにスポットを当て、新たな物語を構成。古楽器による演奏から現代音楽まで卓越した演奏技術を持つアンサンブル・ジェネシスとコンテンポラリーダンス界の秀才、神村恵が振付を担当。本作では音楽だけでなく視覚的演出でのダンスやビジュアルにより、「小オペラ」として展開されます。

演出/鈴木優人
振付/神村恵

作曲/タナシス・デリギアニス、新垣隆、鈴木優人
演奏/ソプラノ 岩下晶子
リコーダー/サクソフォン アンドレアス・ベーレン
ヴァイオリン/山口幸恵
ヴィオラ/小峰航一
チェロ/懸田貴嗣
チェンバロ・オルガン・ピアノ/鈴木優人
ダンサー/臼井彩子、遠藤綾野、剣持真理子、白井愛咲、宝栄美希、宮原万智

※出演を予定していたソプラノの松井亜希は、出産に伴い大事をとり降板することとなりました。代わって、ソプラノは岩下晶子が出演いたします。

<予定曲目>
クラウディオ・モンテヴェルディ:歌劇「オルフェオ」より抜粋 
ビアジョ・マリーニ:パッサカリア 
アンドレア・ファルコニエーロ:パッサカッレ 
マルコ・ウッチェリーニ:「針箱」によるアリア 
タナシス・デリギアニス:オルフェオの賛歌によるエウリディーチェ(初演) 
タナシス・デリギアニス:サッフォーによるエウリディーチェのモノローグ(初演) 
タナシス・デリギアニス:プラトーによるエウリディーチェのモノローグ(初演) 
新垣隆:古事記イザナミの神話による新作(初演) 
鈴木優人:ロトの妻の主題による新作(初演) 
福田拓人:エウリディーチェのためのライブエレクトロニクスによる新作(初演) 

アートディレクション/田村吾郎
照明/木藤歩
音響/福田拓人
舞台監督/湯山千景
撮影/松澤延拓、松本和幸
宣伝美術/梶野沙羅
制作協力/京極朋彦

主催/NPO法人STスポット横浜 アンサンブル・ジェネシス
共催/横浜市
特別協力/急な坂スタジオ
助成/芸術文化振興基金 財団法人アサヒビール芸術文化財団
協力/バッハ・コレギウム・ジャパン

 

公演情報

公演期間

2011年11月05日(土)~2011年11月06日(日)

会場

公演スケジュール

会場(中スタジオ)
11.5(土)15:00/19:00
11.6(日)15:00

※ 開演1時間前より受付開始。入場整理券を発行します。
※ 開場は開演の30分前
※上演予定時間 約80分

チケット購入

チケット発売日


・一般:2011年09月10日(土)

チケット料金

(全席自由)
前売り/3,500円
前売り学生/3,000円
当日/3,800円

※チケットかながわでの取り扱いはありません。