2013

【速報!】KAAT初お目見得記念!
『竹本駒之助 レクチャー&トーク』

2013年09月13日(金)

今秋、KAAT初お目見得を予定している女流義太夫人間国宝の竹本駒之助師をむかえ、 KAAT舞台芸術講座・レクチャー&トークをお送りいたします。 今年9月13日は、豊竹越前少掾(初代豊竹若太夫)の250回忌に当たります。1764(明和元)年死去。竹本義太夫(初代。竹本筑後掾)の門弟で、のちに独立して「豊竹座」を興したひと。義太夫節の太夫(語り手)の、「豊竹」姓は、このひとから始まります。 ...

Bookmark and Share

葛河思潮社 第三回公演
『冒した者』

2013年09月05日(木)~2013年09月10日(火)

葛河思潮社第三回公演「冒した者」舞台は戦後の東京郊外。 かろうじて焼け残った大屋敷に9名の人間が集まり、 穏やかな暮らしを送っていた。 そんなある日、 一人の青年の訪問をきっかけに生じた日常の崩壊。 それぞれが抱える「戦後の混乱」が 一挙に表面化する中で、 大屋敷の人間模様は激しく入り乱れていく。   作/三好十郎 演出/長塚圭史 [出演] 田中哲司 松田龍平...

Bookmark and Share

ミュージカル『葉っぱのフレディ−いのちの旅−』

2013年09月07日(土)

ミュージカル『葉っぱのフレディ−いのちの旅−』 【はじめに】 2012年10月6日、神奈川芸術劇場は感動に包まれました。 昨年の「ミュージカル葉っぱのフレディ いのちの旅」神奈川公演には、多くのお客様に来場いただき、子供たちが演じる葉っぱの一生を通じ、「いのちの尊さ」「いきることの意味」を考えていただくことができました。 「反抗期の娘が感動で興奮していた。楽しいひと時と...

Bookmark and Share

親子のためのファミリー・ミュージカル
『ピノキオ~または白雪姫の悲劇~』

2013年08月23日(金)~2013年09月01日(日)

世界中すべての子どもたちへ贈る 楽しさがぎっしりつまったミュージカル! 勉強と努力が嫌いなピノキオは、丸太からピノキオを作ったジェペット爺さんのもとを抜け出してしまいます。いたずら大好きのピノキオに、まわりの人はてんてこまい。ピノキオは本当の子どもになれるのでしょうか・・・? 世界中で愛されるおなじみの「ピノキオ」の物語をもとに作られた亜門版ピノキオは、きつね、猫、こおろぎのほか、白雪姫...

Bookmark and Share

KAAT舞台技術ワークショップ
創作を支える舞台技術 夏の特別講座

2013年08月30日(金)~2013年08月31日(土)

KAAT神奈川芸術劇場は、創造型劇場としての活動の一つとして、例年、劇場を使って舞台技術の現場を体験する「舞台技術ワークショップ」を開催しています。毎年冬に開催している実践的な技術ワークショップ(今年度は2014年1月上旬予定)の導入編として、今年の夏、特別プログラムとしてKAAT主催公演の実際の創造現場で、具体的に舞台技術がどのように上演にかかわっているかを解説する特別講座を開催します。ぜひご...

Bookmark and Share

第9回 世界ファブラボ会議 国際シンポジウム
進化するメイカームーブメント
ーグローカルものづくりの未来ー

2013年08月26日(月)

世界50ヶ国200箇所以上に広がる、デジタルファブリケーション機器を備えた実験的市民工房のネットワーク、「ファブラボ」。日々、異なる国のメイカーどうしが国境を越えて連携しあい、単独のラボだけでは決してなし得ることのない、まったく新しいかたちのコラボレーション、そして革新的なものづくりが行われています。 3Dプリンタやレーザーカッターが、インターネット端末となったとき、一体何が起こるのか?世界...

Bookmark and Share

KAATバックステージツアー 〜夏休み編〜

2013年08月24日(土)~2013年08月25日(日)

KAAT神奈川芸術劇場には、ホール、大スタジオ、中スタジオ、大小3つの劇場があり演劇、ダンス、伝統芸能など数多くの公演を行っています。 中でも「ホール」は、他の劇場にはない特別な舞台機構があり、公演を行うための「秘密」や「仕掛け」が潜んでいます。 今回は「ホール」の裏側を劇場のスタッフが案内するバックステージツアーを開催します。夏休み最後の週末、ぜひご家族で「舞台の裏側」を体験してみませんか?...

Bookmark and Share

『iSAMU』
20世紀を生きた芸術家 イサム・ノグチをめぐる3つの物語

2013年08月15日(木)~2013年08月18日(日)

イサム・ノグチ。20世紀の訪れととともにこの世に生を受け、二つの戦争と時代の変貌の中を生きた彫刻家。 彼の人生は日本人の父とアメリカ人の母のもとに生まれ、二つの国の狭間で葛藤しながら生き、「創る」、あるいは「創り続ける」ことによって自分自身の存在意義を見いだした一人の男です。 では、なぜ彼は創り続けたのでしょうか? これまで演出家・宮本亜門が「イサム・ノグチ」を舞台化するにあたり、2011...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 次へ