2018

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
『華氏451度』

2018年09月28日(金)~2018年10月14日(日)

出演者の初日開幕コメントが届きました! ●吉沢悠さん 「華氏451度」はレイ・ブラッドベリが何十年も前に書いた作品ですが、ずっと色褪せない力を持つ作品であり、長塚さんの台本を白井さんが演出したことによって、また一段と現代だからこそ意味があるものになったのではと思います。白井さんは、司令官としてご自身で行きたい方向というのを持ちつつも、けっして決めつけず、皆の意見を肉付けしながら、妥協せず美...

Bookmark and Share

ウースターグループ「タウンホール事件」
THE WOOSTER GROUP "THE TOWN HALL AFFAIR"

2018年09月29日(土)~2018年10月01日(月)

ニューヨーク、ダウンタウンを拠点に、1975年結成以来、常に演劇と社会の関係を問い続け、ルールを破り続けてきた伝説の前衛劇団、待望のエリザベス・ルコンプト演出作品が初来日。 対決し火花を散らす女性解放運動(ウーマンリベレーション)と男性原理主義(マスキュリニズム)。白熱する議論、扇動。映像の再現を通じて、再創造され、再生される女/男、社会、世界。 1971年、ニューヨーク、タウンホールで行...

Bookmark and Share

マチュラン・ボルズ公演

2018年09月22日(土)~2018年09月24日(月)

ヌーヴォー・シルクの注目アーティスト、         マチュラン・ボルズの日本初演2作品  サーカス・アーティストと片脚を失ったダンサーの驚くべきダンス 現代のダンスを語るなら、サーカスの動向も外せない。 フランスでは1980年頃から、動物の曲芸やスリリングな芸を見せる伝統サーカスと異なる"新しいサーカス”(フランス語でヌーヴォー・シルク)が発生し、多彩な展開を遂げつつさまざまな...

Bookmark and Share

音で観るダンスのワークインプログレス 上演&トーク

2018年09月17日(月)

音で観るダンスのワークインプログレス 音声ガイドを選んで観る上演&トーク   視覚に障害のある人たちが芸術を楽しむために、音により視覚情報を補助する「音声ガイド」。音声ガイドは、視覚情報を音で置き換えることで、鑑賞する人の頭の中にさまざまなイメージを浮かび上がらせる手法です。そんな音声ガイドをダンスという身体表現につけるとしたら、どんなダンスの“見方”が生まれるのでしょうか。 そ...

Bookmark and Share

バレエ・ロレーヌ公演

2018年09月16日(日)~2018年09月17日(月)

フランス最高のバレエ団のひとつ、 国立バレエ・ロレーヌによるトリプルビル  巨匠から新世代まで、知られざるバレエの進化を発見 ポストモダンダンスの巨匠カニングハム、バレエを脱構築した鬼才フォーサイス、いまヨーロッパで最注目の過激な2人組ベンゴレア/シェニョー。厳密な古典の技術の上から築かれた、アヴァンギャルドな3つのレパートリー。20世紀から21世紀の舞踊の潮流を俯瞰する、バレエファ...

Bookmark and Share

ダンス舞台『恋ノ水』

2018年09月13日(木)~2018年09月15日(土)

孤独を抱えた少女と青年。 閉ざされた心は切なく、深い闇の中。 いつもの放課後。 今日も、一日が終わろうとしている。夕焼けが空を染めている。 教室の四角い窓に切り取られたオレンジ色の空を見るのに疲れて、 部屋の中に目を向ける。 教室の中が夜の中にいるみたいに暗く感じる。 だんだんと目が慣れてきた。 ーーそして、彼と目が合ったんだ。 「あなたは、誰・・・?」 二...

Bookmark and Share

阿佐ヶ谷スパイダース vol.26 『MAKOTO』

2018年09月07日(金)~2018年09月09日(日)

新生 阿佐ヶ谷スパイダース第1弾! 新たな船出となる阿佐ヶ谷スパイダースの新作『MAKOTO』が幕を開きます。2016年の『はたらくおとこ』上演中に草案し、2年間温めてきました失意の男のドラマです。主演は改めて劇団員として加わった中村まこと。さらにオーディションによって7人の新メンバーが加わりました。さて、大いなるギアを入れ直したところで、日本の夏を爆走しようと思います。 --長塚圭史-- ...

Bookmark and Share