2015

Julie Nioche / A.I.M.E. «Nos Solitudes»

2015年09月26日(土)~2015年09月27日(日)

『ノ・ソリチュード(私たちの孤独)』は、吊るされた肉体をめぐり創作された作品です。この非日常の運動座標系により、空間と重力の間に新しい関係性が生み出され、肉体は孤独を体験します。ダンスはその境界線を越え、我々の執着やつながり、支えとしているものを、舞台上に露わにしていくのです。 ジュリー・ニオシュ / A.I.M.E. 『ノ・ソリチュード(私たちの孤独)』 2015年9月26日(土)1...

Bookmark and Share

シンポジウム
「障害 xパフォーミングアーツの可能性」

2015年09月22日(火)

2012年にロンドン五輪文化プログラムの一環として開催された、障害のあるアーティストの活動を支援するプログラム「UNLIMITED(アンリミテッド)」のレガシーを受け継ぎ、2020年に向けて日本から世界に発信すべく、新たな障害xパフォーミングアーツの可能性について考えるシンポジウムを開催します。   【第一部】 障害者のパフォーミングアーツにおけるアクセシビリテティ  10:30〜...

Bookmark and Share

Co.山田うん新作公演『舞踊奇想曲 モナカ』

2015年09月17日(木)~2015年09月20日(日)

振付家・山田うんの圧倒的な構成力と、新進ダンサーの生命力あふれる群舞が評判の、国内外で活躍するダンスカンパニー、Co.山田うんが、KAATで2015シーズンの新作を発表。 男女8名ずつ16名が織りなすダンスアンサンブルとヲノサトルの音楽がダイナミックに融合。     いつも目の前には道がないので 物語では足りない これは無地の力 音楽と舞踊の結ばれ方次第で ...

Bookmark and Share

創作を支える舞台技術2015
ー「劇場に潜む危険を学ぶ」ー

2015年09月15日(火)~2015年09月17日(木)

舞台技術は、演出家や各デザイナーのアイディアをより効果的な形で具現化し、表現として実現することを使命としていますが、同時に、常にその場あるいはその行為が安全であることを担保することも、課せられた大きな役割です。 私たちは、表現の実現と安全の確保が容易には両立しがたい場面に、往々にして直面します。そのようなときに、肝に銘じなければならないのは、決して引き算の解決(すなわち、危ない/危なそうだからで...

Bookmark and Share

70’sバイブレーション
〜横浜でダージリン・スペシャル〜

2015年09月13日(日)

 ダージリン(Dr.kyOn/佐橋佳幸)  with  渡辺等(Ba)  上原裕(Drs)  駒沢裕城(P.steel) ゲストアーティスト(五十音順)  尾崎亜美  金子マリ  鈴木慶一  曽我部恵一   主催:70’s バイブレーション横浜実行委員会 お問合せ  SOGO TOKYO 03-3405-9999  http://sogotokyo....

Bookmark and Share

アロリー・ゴエルジェ
&アントワンヌ・ドゥフォール
HALORY GOERGER
& ANTOINE DEFOORT
『GERMINAL ー ジェルミナル』

2015年09月11日(金)~2015年09月13日(日)

現代アート、思想史、情報学、メディア論を背景にした斬新な作品で、 今もっとも注目のパフォーマンスユニット、日本初上陸! 「もしもこの世界を、ゼロからもう一度やりなおすことができたら?」 この問いに全力で向き合うのが、『ジェルミナル』だ。日本初登場のアロリー・ゴエルジェとアントワンヌ・ドゥフォールは、2007年にヨーロッパのダンス界に登場するやいなや、現代アートや思想史、情報学、メ...

Bookmark and Share

勅使川原三郎 新作ダンス公演
「水と祈り」

2015年09月05日(土)~2015年09月10日(木)

世界的に活躍するダンサー・振付家の勅使川原三郎が、中スタジオという空間をいかして新たに創る 今までにないダンス・パフォーマンス! 勅使川原三郎、佐東利穂子、KARASダンサーに加え、ヨーロッパからもダンサーが参加します。   構成・演出・振付・照明/美術デザイン・選曲:勅使川原三郎 出演:勅使川原三郎    佐東利穂子    カンタン・ロジェ    KARASダンサー ...

Bookmark and Share

avecoo新作公演
『残月の涙 遊女阿部屋清花』

2015年09月03日(木)~2015年09月06日(日)

吉原遊郭   毎日多くの欲望が飛び交うこの地で、知らない者はいない、大見世・阿部屋の花魁ー清花(きよはな)ー。 この地は天国。 愛や欲にまみれた場所。 この地は地獄。 堕ちるだけ。 一人の女として愛を求めた清花が出した答えとは。 そして有明の空に残る月を眺め、何を思ったのか。 運命に運ばれた絶望でした。 鬼才コレオグラファー avecooがおくる、花魁恋情物語。 常識...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 次へ