2018

若手舞踊公演 SUGATA
「二人三番叟」/ 通し狂言「雙生隅田川」

2018年03月24日(土)~2018年03月27日(火)

 KAAT神奈川芸術劇場では、近い将来確実に次世代の歌舞伎界を担う最若手の歌舞伎俳優たちによる若手舞踊公演シリーズ「SUGATA」を、2015年に立ち上げました。  子役から大人の役者への過渡期にあたる10代半ばから後半は、歌舞伎の本興行への出演の機会が限られる時期でもあります。ぜひKAATを、そんな彼らの研鑽の場にしてほしいと願い、またその姿をお客様と一緒に見守りたいという思いから本シリーズを...

Bookmark and Share

劇団820製作所 
第14回公演『東京の街が夢見る』

2018年03月09日(金)~2018年03月11日(日)

「それは、奇妙な物語だった。多摩川を境にして、東と西の二つに分断された日本に、主人公が迷い込む。…まさかそんなことが、と笑っていられた。その時までは。」 2017年度マグカル・シアター in KAAT は「劇団820製作所」が登場。瑞々しく、ときに悲劇的に、残酷に、「本当はそこにあるおとぎ話」を描き出す。     作・演出 波田野 淳紘 出演 洞口 加奈 荒井 るり子 亀...

Bookmark and Share

まつもと市民芸術館プロデュース
「白い病気」

2018年03月07日(水)~2018年03月11日(日)

当時衝撃を与えたチャペックの反戦劇に、串田和美がこの時代の新たな血を注ぐ! 大戦間のチェコスロバキアを代表する作家、カレル・チャペック(1890年~1938年)は、戯曲『RUR』において使用したロボットという言葉を作ったことでも知られている。『白い病気』は迫り来るナチの弾圧の中、死亡する前年に初演。隣国ドイツの軍事圧力を風刺したこの劇は、幕が下りたときには、チェコ愛国者の喝采を浴びるが、時代...

Bookmark and Share

KAJALLA#3 『働けど働けど』

2018年02月28日(水)~2018年03月11日(日)

CONTEMANSHIP KAJALLA#3『働けど働けど』 作・演出 小林賢太郎 出演   野間口徹/竹井亮介/小林健一/辻本耕志/小林賢太郎 主催   TBSラジオ 企画       スタジオコンテナ 制作       トゥインクル・コーポレーション   【お問い合わせ】 TBSラジオイベントダイアル 03-5570-5151(平日10:00~17:00) 【...

Bookmark and Share

KAAT神奈川芸術劇場芸術監督トーク
『SHIRAI’s CAFE』シライズ カフェ Vol.3
ゲスト:mama!milk

2018年03月10日(土)

KAAT神奈川芸術劇場芸術監督・白井晃による新企画『SHIRAI's CAFE』待望の第3弾! 2017年夏より始まったKAAT神奈川芸術劇場芸術監督・白井晃による新企画「SHIRAI’s CAFE」。自身もピアノに親しむ白井が、ゆかりのある音楽家をゲストにお迎えし、ゲストの演奏と白井とのおしゃべり、そして、白井自身の歌もはさみながら、リラックスした雰囲気でお楽しみいただくトークセッション、待望...

Bookmark and Share

木ノ下歌舞伎
『勧進帳』

2018年03月01日(木)~2018年03月04日(日)

弁慶が! 義経が! あらゆるボーダーラインを超えていく 歌舞伎と現代劇の狭間を行き来する ミクスチャープレイ、再び   [監修・補綴] 木ノ下裕一 [演出・美術] 杉原邦生[KUNIO] [出演] リー5世 坂口涼太郎 高山のえみ 岡野康弘 亀島一徳 重岡 漠 大柿友哉     歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』は、  上演頻度の高さ...

Bookmark and Share