2018

教育普及講座「芝居の大学」

2018年02月18日(日)

【作品情報】 神奈川県内の大学生のために、神奈川芸術劇場と横浜国立大学が連携し、これまでにない演劇の教室をつくりました。他では接することの出来ない大物ゲストを招いて、セミナー形式の授業を行います。 大学生に限らず、演劇に興味のある方であればどなたでも歓迎いたします。 【ゲスト講師】 遠藤啄郎(劇作家・演出家/横浜ボートシアター代表) 吉井澄雄(照明家)、中根公夫(演劇プロデューサ...

Bookmark and Share

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018
(TPAM in Yokohama 2018)

2018年02月10日(土)~2018年02月18日(日)

アジアで最も歴史ある舞台芸術専門の国際的なプラットフォームです。 TPAM is the longest-established international platform for contemporary performing arts in Asia. ※プログラム詳細はhttps://www.tpam.or.jp/2018/をご参照ください。 TPAM とは? TPAM(テ...

Bookmark and Share

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
『三文オペラ』

2018年01月23日(火)~2018年02月04日(日)

作:ベルトルト・ブレヒト/音楽:クルト・ヴァイル 演出・上演台本:谷 賢一 音楽監督:志磨 遼平(ドレスコーズ) 【出演】 松岡 充 吉本 実憂 峯岸 みなみ 貴城 けい 村岡 希美 高橋 和也 白井 晃 青柳 塁斗、相川 忍、今村 洋一、小出 奈央、小角 まや 奈良坂 潤紀、西岡 未央、野坂 弘、早瀬 マミ、平川 和宏 峰﨑 亮介、森山 大輔、和田 武 【...

Bookmark and Share

第3回 神奈川かもめ短編演劇祭

2018年01月25日(木)~2018年01月28日(日)

神奈川かもめ短編演劇祭とは? 横浜のKAATで行う短編演劇の祭典、通称“かもさい”。 日本全国・海外から20分の演劇作品が、横浜に集結!! 一般的な演劇祭では、見たい作品を見るため期間中何度も会場に足を運ぶことになります。 ところが、“かもさい”では全国から選ばれたバラエティーに富んだ複数の作品を、一度に見ることができます。普段見ることのない新しいお気に入りの作品に出会えるかも。 また、...

Bookmark and Share

ロロ vol,14
『マジカル肉じゃがファミリーツアー』

2018年01月12日(金)~2018年01月21日(日)

旅シリーズ第 3 弾!! 2010 年に初演されたロロ初期の傑作『旅、旅旅』に大幅なリライトを加え新作として上演! 「過去」、「現 在」、「未来」が巻き戻り、加速し、逆⾏する家族の再⽣と不思議な旅のものがたり。 KAAT 初上陸のロロにご期待ください! ロロとは? 三浦直之(主宰・脚本・演出)、板橋駿⾕、⻲島⼀徳、篠崎⼤悟、 島⽥桃⼦、望⽉綾乃、森本華(以上俳優)...

Bookmark and Share

KAAT舞台技術講座
PROGRAM A「舞台技術者の国際協働」
PROGRAM B 「劇場に潜む危険を学ぶ」

2018年01月09日(火)~2018年01月12日(金)

技術が高度化し、また作品制作のプロセスが複雑になりつつある今、演出家やデザイナーの意図を、より的確にかつ安全に具現化するために、舞台技術者が視野を広げ、また能力を向上させていくことが、強く求められています。 KAAT神奈川芸術劇場では、プロフェッショナルとして活動している舞台技術者が、専門分野を超えて視野を広げ、スキルアップするための場として、舞台技術講座を継続的に企画・開催していきます。 ...

Bookmark and Share

KAAT舞台芸術講座竹本駒之助公演レクチャー
『奥州安達原』三段目切「袖萩祭文の段」を読む

2017年12月24日(日)

本公演をより深くお楽しみいただくために、公演当日に、開演直前特別レクチャーを開催いたします。 ぜひ、ご参加ください! 【講師】 神津武男(早稲田大学演劇博物館 招聘研究員) 会場:大スタジオ(ホワイエ) 『奥州安達原』三段目切「袖萩祭文の段」をより楽しんでいただくために、本公演直前に聴き所や関連する別の段・場面の浄瑠璃本の本文をご紹介します。 本公演ページはこちら ...

Bookmark and Share

KAAT竹本駒之助公演第九弾
『奥州安達原』三段目切「袖萩祭文の段」

2017年12月23日(土)~2017年12月24日(日)

KAAT竹本駒之助公演、第九弾開催決定! 人形浄瑠璃文楽や歌舞伎でおなじみの「義太夫節(ぎだゆうぶし)」という音楽を、女性によって演奏するのが女流義太夫です。特別な舞台装置や衣裳はなく、太夫の語りと三味線だけで、役柄を演じわけ、ストーリーを展開する「素浄瑠璃(すじょうるり)」という上演スタイルで、女流義太夫の魅力をご紹介します。竹本駒之助ならではの演目を、KAATならではの特別な舞台空間でお聴き...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 次へ