2018

KAATキッズ・プログラム2018
『ホワイト WHITE』

2018年08月07日(火)~2018年08月09日(木)

まっしろな世界は夢いっぱい! スコットランドを代表する児童青少年演劇の創作団体、キャサリン・ウィールズ劇団。1999年に芸術監督ジル・ロバートソンによって設立されて以来、27のオリジナル作品を発表し、23カ国で公演を行っています。『ホワイト   WHITE』はそんな彼らの作品の中でも最もツアーを重ねている代表作です。   作:アンディ・マンレー/演出:ジル・ロバートソン 出演:...

Bookmark and Share

KAATキッズ・プログラム2018
『ニュー オーナー ー幸せを探してー NEW OWNER』

2018年08月04日(土)~2018年08月05日(日)

2017年のKAATキッズ・プログラム『アルヴィン・スプートニクの深海探検』を上演し、話題を集めたオーストラリアの劇団ザ・ラスト・グレート・ハントの新作『ニュー オーナー -幸せを探して-』がやってきます!   作・演出:ティム・ワッツ、アリエル・グレイ 出演:ザ・ラスト・グレート・ハント(The Last Great Hunt/オーストラリア) 【ものがたり】 バー...

Bookmark and Share

KAATキッズ・プログラム2018
『キッズ・サマー・パーティー』

2018年07月21日(土)~2018年07月29日(日)

KAATが、キャンプ場になっちゃった?! 歌あり、ダンスあり、ハプニングあり?!90分で1泊2日!キャンプ場でフェス体験!   テントでのんびりするもよし、ノリノリで踊るもよし、過ごし方はみんな次第。 ばっちり準備を整えて、KAAT高原のサマーパーティーに出かけよう!     ■持ち物(持っている人だけでOK)■  □キャンプ用のイス  □飲み物(ペットボト...

Bookmark and Share

KAATキッズ・プログラム2018
『不思議の国のアリス』

2018年07月20日(金)~2018年07月22日(日)

おとなもこどもも迷い込む へんてこりんなダンスとコトバのワンダーランド! 不思議で愉快なダンサーたちが、アリスの世界に勢ぞろい。 扉の向こうは、摩訶不思議でナンセンス。 奇想天外オドリだす! 昨年のキッズプログラムで大好評を得たダンスとコトバでつづるKAAT版「不思議の国のアリス」が今年も登場!KAATを皮切りに全国17劇場を巡ります!どうぞ、お楽しみに! 演出...

Bookmark and Share

2018年度「共生共創事業」人材育成講座
第一回 「共生共創事業」キックオフレクチャー

2018年07月17日(火)

神奈川県では、県の重点施策である「共生社会の実現」「未病」「多様性」などをテーマにした新たな舞台芸術関連の事業をスタートいたします。2020年に向け、障がいや年齢などに関わらず、子どもから大人まですべての人が「ともに生きる」「ともに創る」社会の実現に寄与することを目指します。 10月からの事業スタートに先駆け、「ともに創る」人材を育成するための講座を7月より開催いたします。県内の文化施設の従...

Bookmark and Share

KAAT舞台技術講座 特別編
「制作者のための舞台技術講座」

2018年07月13日(金)

舞台芸術の上演は、様々な役割を持った多くの人々が協働することで成り立っています。上演を安全により良いものとするためには、舞台技術者だけではなく、制作者が適切な知識を持ち準備することが求められます。2017年にNPO法人Explatが全国の制作者を対象にアンケートを実施して作成した「舞台芸術マネージャーのための公演安全マニュアル2017」の実践編として、この講座では、現場に潜む危険、また舞台技術者が...

Bookmark and Share

東京デスロック+第12言語演劇スタジオ
『가모메 カルメギ』

2018年06月30日(土)~2018年07月08日(日)

【原作】 アントン・チェーホフ『かもめ』 【脚本・演出協力】 ソン・ギウン 【演出】 多田淳之介 【出演】 夏目慎也、佐山和泉、佐藤 誠、間野律子 ソン・ヨジン 、イ・ユンジェ、クォン・テッキ、 オ・ミンジョン、マ・ドゥヨン、チェ・ソヨン、 チョン・スジ、イ・ガンウク 【助成】 平成30年度文化庁国際芸術交流支援事業  公益財団法人日韓文化交流基金...

Bookmark and Share

地点『忘れる日本人』

2018年06月21日(木)~2018年06月24日(日)

黙らない。手離さない。希望なんて言葉では追いつかない。 期待と忘却の織りなすリズムにのれ!   処女戯曲『みちゆき』(AAF戯曲賞大賞受賞)で鮮烈なデビューを果たした松原俊太郎の長編二作目となる本作は、震災以降の日本社会に対する痛烈な批判でありながら、死者とともにあること、忘却についての哲学的論考を含む大作。それぞれ「椅子のない部屋」「出口の封鎖された公園」「坂の真ん中の我が家」と設...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 次へ