チケット情報

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』

2019年03月19日(火)~2019年08月11日(日)

小粋に、華やかにー スタイリッシュなダンスが描く、パリの恋。 1952年にアカデミー賞を受賞し、“アメリカ音楽の魂”と称されるガーシュウィン兄弟の代表曲が散りばめられた同名映画に想を得たこのミュージカル。2014年にパリでスタートし、翌年にはニューヨーク・ブロードウェイに進出。2015年にトニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞を獲得しました。 このミュージカルの魅力は「アイ・ガット・リズム」をはじめ、世代や国を超えて人々に愛され続けるガーシュウィンの名曲、そしてその音楽と見事に融合したダンスです。演出・振付を担当したのは、英国ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイトとして、『不思議の国のアリス』、『冬物語』等、数々のバレエ作品を手掛ける世界的な振付家、クリストファー・ウィールドン。めくるめくようなダンスで、パリに生きる若者たちのロマンスを描き出します。...

03月10日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
03月16日 : 一般発売

『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』

2019年05月27日(月)~2019年07月16日(火)

KAATと地点による共同制作の第9弾。「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」 KAAT×地点最新作は、お待たせいたしました、満を持してのチェーホフ!  太宰治原作『グッド・バイ』に続き、三浦基が敬愛する作家に再び出会い直すコラージュ作品です。チェーホフが流刑地だったサハリン島までの旅に出たのは1890年のこと。未開の土地だったシベリアを横断してのこの旅は、当時はまだ命の危険が伴うもので、突然の決心に友人や家族たちは最初チェーホフ流の冗談と思ったとか。しかし、作家の決意は固く、4月から12月までの長旅が断行されました。このサハリン行きは、文学的にはなんの成果も伴わなかったという指摘がある一方で、作家・チェーホフの「重要な転機」であるという指摘もあります。いずれ、チェーホフが〈四大戯曲〉を書いたのはこの旅から帰った後のことでした。戯曲『三人姉妹』には「モスクワへ!モスクワへ!モス...

03月30日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
04月06日 : 一般発売

「ゴドーを待ちながら」

2019年06月12日(水)~2019年06月23日(日)

去りゆく平成。始まる令和。 男たちはいつから待っていたのか。そして、これからも待ち続けるのか・・・ 不条理劇の不朽の名作、ついに上演! 日韓共同製作作品『가모메 カルメギ』に於いて韓国で最も権威のある東亜演劇賞演出賞を外国人として初受賞するなど、海外からの注目も集める多田淳之介がベケットの名作に挑戦します。 年代の異なる2バージョンにて交互に上演! 主人公のウラジミールとエストラゴンを、60歳代の昭和・平成ver.と30歳代の令和ver.の2バージョンにて交互に上演。年代の異なる2組が、同じ舞台装置のなかで、同じ台詞を語る・・・ゴドーを待ち続けた昭和・平成バージョン、これからも待つであろう令和バージョンの違いをお楽しみください。 不条理な現代に「待つ」ことについて問う! 瞬時に連絡が取れる現代では、「待つ」ことが無駄な行為のように思われつつあります。ただ、...

04月13日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
04月20日 : 一般発売

「三人姉妹」

2019年07月04日(木)~2019年07月11日(木)

生き続けなければならない人間の、持て余された人生たちが そのまま運動量に変換され、場に充満する 三浦基の永遠の代表作、待望の再演!! 三浦基演出の『三人姉妹』ほど、ひどく風変わりで、独創的で、激しい身体性にあふれ、しかも観る者の心に痛切に迫る舞台は観たことがない。優雅なワルツとは裏腹に、ここでは一見静かな台詞の裏にひそむ強い感情、敵意、あるいは愛着が、格闘技にも似た激しい身体の動きとなって表現されるのだ。(扇田昭彦)   地点によるチェーホフ劇の真骨頂、レパートリー化を目論んでの再演がついに実現します。四つん這いで床の上を這いずり回り、組んず解れつしながらでなければ言葉のやり取りのできない登場人物たち。唯一の装置として舞台上に設けられた壁は人々の重みで傾き、回転し、押しやられる。生き続けなければならない人間の、持て余された人生たちがそのまま運動量に変換され、場...

03月30日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
04月06日 : 一般発売

「ビビを見た!」

2019年07月04日(木)~2019年07月15日(月)

圧倒的な爽快感と息苦しさを美しく両立させた伝説の絵本 『ビビを見た!』を松井周が舞台化! 現代の歪みを象徴する人々のエピソードをサンプルの様に呈示し、現代社会のあり様をありのままに受け止める作風で注目を集める作家・演出家・俳優の松井周。 「ビビを見た!」は松井自身があたためてきた創作の原点とも言える作品。衝撃的なストーリーと鮮やかな色彩で「幻の童話作家」と言われる大海赫(おおうみあかし)の絵本。よしもとばななさんが絶賛し、Amazonのカスタマー・レビューは驚異の星4.9!!などカリスマ的人気を誇る傑作だ。 本作に今の社会への警鐘と共鳴を感じる松井が、独自の視点で注目のキャスト・スタッフとともに舞台化に挑む。   チラシのダウンロードはこちらから→「ビビを見た!」表 「ビビを見た!」裏 「ビビを見た!」舞台上演記念イベント 開催決定!@TSUT...

04月13日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
04月20日 : 一般発売

「グレーテルとヘンゼル」

2019年07月21日(日)~2019年07月24日(水)

どうしてみんないつも「ヘンゼルとグレーテル」って言うのかな? 「グレーテルとヘンゼル」じゃなくて。 昨年のキッズプログラムで話題となった、あの有名なグリム童話とはちょっぴり違う二人芝居『グレーテルとヘンゼル』が2019年夏も登場!KAATを皮切りに全国7劇場で上演します! 1歳と1ヶ月で弟に「全部」奪われたお姉ちゃんのグレーテルと、お姉ちゃんが大好きで「僕も!」が口癖の弟ヘンゼル。 誰もが思い当たる、家族間の「愛」と「憎しみ」、そして「大切さ」を描きます。 カナダ・ケベック州を拠点に、世界各地でこども向けの公演を行い、これまで100万人を超える観客動員数を誇る劇団ル・カルーセル。その演出家ジェルヴェ・ゴドロを招き、2人の若手俳優とKAATで共同製作を行った話題作が待望の再演です! 舞台装置は、たった15脚の木製のベビーチェア。抽象的にかつ鮮やかに様々な場...

05月18日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
05月25日 : 一般発売

「ルー」

2019年07月27日(土)~2019年07月28日(日)

スペインの熱い風と、海、大自然! 劇場の中に入ると・・・そこは船の上?!大きな布や白い砂、色とりどりの光を使って、今にも手が届きそうな場所で繰り広げられるのは、熱い風、広がる海、波を乗り越えて進む船に、おそいかかる嵐・・・。 大人もこどもも、息をのむような美しい世界が広がります! 【出演】 ナタリア・メンデス 推奨年齢:3歳~/上演時間:35分 (0歳から入場可、ただし暗くなるシーン・静かなシーンがあります) 【ポンテン パイ と 『ルー』について】 Sergi Otsによって立ち上げられた、ちょっと変わったパフォーマンスを行うプロジェクトユニット。美しいビジュアルから立ち上がる世界観に、観客を巻き込み直接コンタクトできるような距離感で行われる体験型パフォーマンスで人気を集めている。身体パフォーマンス・テキスト・ビジュアルを融合し、想像力を...

05月18日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
05月25日 : 一般発売

「スティック・バイ・ミー」

2019年08月03日(土)~2019年08月04日(日)

スコットランドからやってきた、 ちょっぴり不思議な友達との冒険!   世界中で大絶賛の話題作が、はやくもKAATにやってきます! 真四角の小さな部屋の中。一人で退屈していたぼくに、箱から出でてきた小さな小さな“ともだち”。 準備はいい?走って、遊んで、かくれんぼ。ちょっとふしぎな“ともだち”と部屋の中にある机やイス、色々なものを使って、どんな遊びができるでしょう? 推奨年齢:3歳~6歳のこどもたちと大人たち   【出演】 アンディ・マンリー   【アンディ・マンリーとレッド・ブリッジ・アーツ】 良質な子ども向け舞台作品が多く作られるスコットランドでも、特に経験豊富なクリエイティブチームによる新作。昨年夏にKAATで上演した「ホワイト」の作者アンディ・マンリーのひとり芝居です。 シンプルな舞台セット、セリフがない...

05月18日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
05月25日 : 一般発売

「二分間の冒険」

2019年08月17日(土)~2019年08月25日(日)

ー 冒険冒険冒険 子どもから大人まで、冒険はきっと待っています。 ー  山本卓卓   こどもたちに人気のファンタジー小説 「二分間の冒険」がおしばいになります。 気鋭の作家・演出家「山本卓卓」がつむぐ言葉や世界と 人気イラストレーター「ひらのりょう」の描くアニメーションで 主人公の少年・悟の冒険が、どんな舞台になるでしょうか!? <あらすじ> 悟は学校で黒猫・ダレカとであい、不思議な世界に迷い込んでしまいます。 そこは恐ろしい竜が支配する世界。 学校に戻るためには、竜をたおし「いちばんたしかなもの」の姿になったダレカをみつけださなければなりません。 悟は元の世界に戻ることができるのでしょうか・・・? チラシダウンロードはこちら→ 表 / 裏   原作 岡田淳(偕成社刊) 上演台本・演出 山本卓卓(範...

05月18日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
05月25日 : 一般発売

新作ミュージカル 「怪人と探偵」

2019年09月14日(土)~2019年09月29日(日)

大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎が「世界で一番綺麗な宝石」を巡って華麗に対決!昭和のモダンな時代を背景に、極上のエンターテイメント作品が誕生。   大怪盗・怪人二十面相と名探偵・明智小五郎。江戸川乱歩が生み出した、日本文学史上最も有名な二人を主人公に、『少年探偵団シリーズ』など乱歩作品に登場するキャラクターたちが、騙し騙される華麗な対決を繰り広げる、新作ミュージカル『怪人と探偵』。 作・作詞・楽曲プロデュースを手掛けるのは、日本を代表する作詞家で、ミュージカル界でも活躍著しい森雪之丞。演出は次々と話題作の演出で注目を集める、KAAT神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃。果たして世界で一番綺麗な宝石、「愛」を手に入れるのは怪人二十面相か、それとも名探偵・明智小五郎か。昭和モダンを背景に、極上のエンターテイメント作品が誕生します。   出演は、『ジャージ...

05月29日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
06月08日 : 一般発売

妖怪ケマメ L’esprit des haricots poilus

2019年10月05日(土)~2019年10月06日(日)

大人も子供も夢中になる、たぐいまれなるジャグリングショー! 二人が生き物のように操るボールから一瞬たりとも目が離せない!!! KAAT神奈川芸術劇場では、2016年にジャグリングカンパニー「頭と口」の渡邉尚の『WHITEST』を上演いたしました。同作で渡邉尚は、ダンス・サーカス・ジャグリングの枠をいとも容易く飛び越え、人々の想像をはるかに超えた身体表現を披露し、衝撃を与えました。 今回、渡邉尚とタッグを組むのは、フランスの人気ジャグリングカンパニー「Defract」のギヨーム・マルティネ。渡邉尚とギヨーム・マルティネがフランスで出会い、ジャグリングと身体に対しての価値観を共有したことがきっかけとなり、今回の共演が実現いたしました。 世界で活躍する彼らの共演を、今秋KAAT神奈川芸術劇場でご覧いただけます。日本で見ることができる希少な機会。新作『妖怪ケマメ L’esp...

06月23日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
07月21日 : 一般発売

KUNIO15『グリークス』

2019年11月21日(木)~2019年11月30日(土)

KAATで10時間のギリシャ悲劇 『オイディプスREXXX』で初めてギリシャ悲劇に挑戦した杉原邦生が、長編戯曲『グリークス』全三部を連続上演 KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ルーツ』(2016年)、同『オイディプスREXXX』(2018年)とKAAT神奈川芸術劇場で新作を発表してきた演出家の杉原邦生が2019年11月に『グリークス』を演出いたします。 『グリークス』は、1980年にイギリスで初演された10本のギリシャ悲劇をひとつの長大な物語に再構成した長編の舞台作品。三部構成になっており、第一部、第二部、第三部の上演時間はおよそ9~10時間にも及ぶ作品です。本作品に、2011年KUNIO11『エンジェルス・イン・アメリカ 第1部「至福千年紀が近づく」第2部「ペレストロイカ」』の連続上演以降、木ノ下歌舞伎『三人吉三』(2014年、2015年)、同『東海道四谷怪談―通し上...