チケット情報

「メトロポリス伴奏付上映会 ver.2021」

2021年03月20日(土)~2021年03月21日(日)

<上演時間:約1時間50分(休憩含む)>   普遍の映像美と移ろい流れる美しい音色、 増殖する都市のような装置が織りなす、儚くも贅沢な試み。 ドイツ、ヴァイマール時代に製作された映画『メトロポリス』(監督:フリッツ・ラング、1927年、ドイツ)のために、気鋭の音楽家たちが新たな音楽を作曲。16mmフィルム上映にあわせて生演奏します。 新たな伴奏音楽の作編曲・生演奏を担当するのは、阿部海太郎、生駒祐子、清水恒輔。 アコーディオン、ピアノ、コントラバスなどや、巽勇太の自作楽器(装置)が織りなす音楽によって、往年の美しい映像がより想像豊かに臨場感、躍動感を持って演出され、サイレント映画の傑作に現代の新しい息吹を吹き込みます。 ※関東初上映(これまでの上映:カナザワ映画祭2009[金沢]、天神町メランコリア~Lights & Music 2010[岡山]、映像芸術祭 “M...

01月09日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月16日 : 一般発売

シンフォニー音楽劇
「蜜蜂と遠雷」 ~ ひかりを聴け~

2021年03月27日(土)~2021年04月11日(日)

●シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」 ~ ひかりを聴け~ 映画に先駆けて上演された音楽会、朗読劇「蜜蜂と遠雷」は、リーディングとオーケストラコンサートとを融合し好評を博しました。そして2021年春、新たな音楽劇として、「蜜蜂と遠雷」という音楽小説の世界観を舞台上でのリアルな作品として甦らせます。世界的コンクールに出場する若きピアニストたちや、彼らを取り巻く人々の心情が描かれ、クラシックのピアノ曲の名曲演奏と共に、コンクールファイナルに向けたドラマが展開されます。 作者である恩田 陸 自ら作品のテーマ曲を作詞し、音楽監督の千住 明が作曲した「ひかりを聴け」を初め、コンクールの中で生きる人たちの世界を歌や映像などを駆使して表現。さらにオーケストラやピアニストによる生演奏で、ドラマチックに彩ります。 セリフや歌がまるでそこに生きる人物の言葉とメロディーに重なり旋律のように組み合わ...

03月05日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
03月14日 : 一般発売

舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」
摩天楼ヨザクラ抗争

2021年04月15日(木)~2021年04月18日(日)

舞台「ROAD59 -新時代任侠特区-」摩天楼ヨザクラ抗争 欲望渦巻く摩天楼で繰り広げられる、新時代任侠エンターテイメント「ROAD59 -新時代任侠特区-」舞台公演第2弾。 【出 演】 君沢ユウキ/河内美里/前田誠二 白又 敦 鮎川太陽 山本康平 京本政樹(特別出演) 砂川脩弥(映像出演)/相羽あいな 美波わかな/七海ひろき(映像出演) 井上正大/工藤晴香 岡田夢以/末野卓磨 蒼井翔太/加藤里保菜 奥仲麻琴 ほか 【脚本】毛利亘宏 【脚本協力】石塚千奈実 【構成・演出・映像】ヨリコ ジュン 【主題歌】GACKT「Exterminate」 【制作】エースクルー・エンタテインメント 【主催】ブシロード 劇団飛行船 【お問い合わせ】 サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(平日1...

リーディング公演「ポルノグラフィ」

2021年04月16日(金)~2021年04月18日(日)

2005年7月にロンドン市内の地下鉄とバスで起きた同時爆破事件。ロンドンオリンピック開催決定直後、活気づく都市で起こった事件の数日前と当日の様子を背景に、街の中で生活する人々に焦点を当て、孤独や閉塞感、狂気を静かにあぶり出したサイモン・スティーヴンスの意欲作に、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース初演出の桐山知也が挑みます。 本作品は2020年4月に上演予定でしたが、政府の「緊急事態宣言」の発令により中止が決定し、2021年4月に公演を延期し上演を行う運びとなりました。この1年で、世界は新型コロナウイルスの出現により、人との接触を避ける新しい生活様式を求められています。孤立感・閉塞感を感じながらも次第にその生活に慣れていく私たち・・・。 奇しくも私たちと同じような状況を生きる登場人物たち。 脅威に晒された世界の中で、ひとりひとりの行動にどんな理由があるのか?そこに違いはある...

03月13日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
03月20日 : 一般発売

「王将」-三部作- 

2021年05月15日(土)~2021年06月06日(日)

2021年春、KAATの劇場が飛び出します! 大通りからも丸見えの一階広場(アトリウム)に特設劇場オープン! 関西将棋界のレジェンド・坂田三吉の激動の一代記、『王将』三部作を一挙上演。   長塚圭史 芸術監督就任後の第一弾公演は贅沢な“大衆演劇”!  この春、2年間の芸術参与期間を経て、長塚圭史が劇場芸術監督に就任します。その記念すべき就任後第一弾の公演として、天才棋士・坂田三吉の生涯を描いた北條秀司の傑作『王将』三部作を一挙上演します。 2017年、福田転球、大堀こういち、長塚圭史、山内圭哉の4名によって結成された新ロイヤル大衆舎により、わずか80席の下北沢の小劇場「楽園」において上演された本作。猥雑な喧騒あふれる大阪の街を舞台に、多彩なキャストによって繰り広げられた骨太な人間ドラマは、「芝居」の魅力が詰まった作品として大いに話題を呼びました。 そして新ロイ...

「イスラエル・ガルバン │ 春の祭典」

2021年06月18日(金)~2021年06月20日(日)

世紀を切り開くフラメンコ界の革命児 20世紀の扉を開いた『春の祭典』に挑む ジャンルを軽々と横断した革新的なパフォーマンスで観るものを圧倒させてきたイスラエル・ガルバンが、イーゴリ・ストラヴィンスキーの『春の祭典』を持って待望の再来日を果たす。世界的なピアニストのシルヴィー・クルボアジェとコリー・スマイスによる2台ピアノ版の『春の祭典』の魅惑的な響き、楽器のように身体を操るガルバンはその音楽と一体になる。 1913年、バレエ・リュスのヴァーツラフ・ニジンスキーが振り付けるやいなや、センセーションを巻き起こしたバレエ作品『春の祭典』。多数の振付家がこの音楽の舞踊化に取り組んできたが、フラメンコ界のニジンスキーとの異名をもつガルバンは、ピナ・バウシュやモーリス・ベジャールなどの巨匠振付家と全く異なる発想でストラヴィンスキーの音楽の根源に迫る傑作を生みだした。   演出...

05月12日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
05月14日 : 一般発売