KAAT×地点 共同制作第9弾

『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』

2019年05月27日(月)~2019年07月16日(火) 

Bookmark and Share

作品情報

KAATと地点による共同制作の第9弾。「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」

KAAT×地点最新作は、お待たせいたしました、満を持してのチェーホフ! 

太宰治原作『グッド・バイ』に続き、三浦基が敬愛する作家に再び出会い直すコラージュ作品です。チェーホフが流刑地だったサハリン島までの旅に出たのは1890年のこと。未開の土地だったシベリアを横断してのこの旅は、当時はまだ命の危険が伴うもので、突然の決心に友人や家族たちは最初チェーホフ流の冗談と思ったとか。しかし、作家の決意は固く、4月から12月までの長旅が断行されました。このサハリン行きは、文学的にはなんの成果も伴わなかったという指摘がある一方で、作家・チェーホフの「重要な転機」であるという指摘もあります。いずれ、チェーホフが〈四大戯曲〉を書いたのはこの旅から帰った後のことでした。戯曲『三人姉妹』には「モスクワへ!モスクワへ!モスクワへ!」という大都会モスクワへ憧れる有名な台詞がありますが、チェーホフの心中に燃え上がったシベリアへの思いへ寄り添いながら、中心ではなく周縁へ、曠野を抜けていく旅をしたいと思います。ぜひご同行ください!

今回は2015年に上演し大好評を得た「三人姉妹」再演とのチェーホフ二本立てで上演いたします。どうぞお楽しみに!

 


『三人姉妹』『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』トーク連続開催!(6/19掲載)

2015年の初演から再演が待たれていた地点『三人姉妹』。5/27-6/2の初演を経て、再びKAAT中スタジオに戻ってくる『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』。

2本立て公演を記念して、連続トークを行います。ゲストは2012年の『コリオレイナス』サンクトペテルブルク公演以降、地点を度々ロシアに招聘しているプロデューサー、オリガ・ニキーフォロヴァ。両作品の関連性・対照性はもちろん、ロシアにおける地点の活動や演出家・三浦基をどのように評価するかなど、ロシアの演劇事情を含めて、現代におけるチェーホフのテキストや演劇と劇場の可能性について語ります。聞き手となる三浦基からは、この6月に最初のオーディションを行い、本格的にクリエイションが始まった、ボリショイ・ドラマ劇場(BDT)『罪と罰』の現場からの実感や疑問がぶつけられるかも!? 

『三人姉妹』2019年7月9日(火)19:30開演の回終了後

『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』2019年7月14日(日)19:30開演の回終了後

*いずれも通訳つき

オリガ・ニキーフォロヴァ(Ольга НИКИФОРОВА) 

演劇評論家、ドラマトゥルク。オムスク・ドラマ劇場、ヤロスラヴリ・ヴォルコフドラマ劇場、サンクト・ペテルブルグ・リチェイニー劇場などの文芸部門長やプロデューサー、モスクワ・フィルハーモニー・ドラマ部門長を歴任。現在はモスクワの前衛小劇場であるプラクチカ劇場の国際交流・フェスティバル部門長を務める傍ら、ロシア各地およびクロアチアのドブロヴニク・アートフォーラムなど世界の演劇フェスティバルのプロデュースを手掛けている。現在、ゴールデンマスク賞選考委員。1998年、オムスク・ドラマ劇場による安部公房原作『砂の女』(ヴラジーミル・ペトロフ演出・1997年度ロシア国家演劇ゴールデンマスク賞受賞)の日本公演が行われた際には文芸担当責任者(ドラマトゥルク)として来日した。


「わからない」ことからはじまる、演劇と世界文学へのまなざし

『やっぱり悲劇だった 「わからない」演劇へのオマージュ』刊行&
『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』『三人姉妹』上演記念
トークイベント開催決定!

開催日時:5月14日(火)19時~21時

場所:神保町ブックセンター

登壇者:三浦基、沼野充義

詳細はこちら→

https://yapparihigeki.peatix.com/view


【公演概要】

「シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!」

出演:安部聡子 小河原康二 石田大 窪田史恵 小林洋平 田中祐気

テキスト:アントン・チェーホフ
演出:三浦基
ドラマトゥルク:高田映介
監修:中村唯史

公演日程 :2019年5月27日(月)~6月2日(日)、7月13日(土)~16日(火)

会場:KAAT神奈川芸術劇場 <中スタジオ>

アフタートーク、出演者決定!(5/2更新)
5月28日(火)
出演:中村唯史(監修)、高田映介(ドラマトゥルク)、三浦基(演出)
5月30日(木) 
出演:白井晃(演出家・俳優・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)、三浦基(演出)

 

舞台美術:杉山至  衣裳:コレット・ウシャール  照明:山森栄治  音響:稲住祐平 舞台監督:齋藤亮介 プロダクションマネージャー:山添賀容子  技術監督:堀内真人  宣伝美術:松本久木 制作:千葉乃梨子、田嶋結菜

主催:KAAT神奈川芸術劇場

助成:文化庁文化芸術振興費補助金

 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)

  独立行政法人日本芸術文化振興会

 

English Introduction → Click here!

 

 

<提携公演>

「三人姉妹」

出演:安部聡子 石田大 伊東沙保 小河原康二 岸本昌也 窪田史恵 黒澤あすか 小林洋平 田中祐気

作:アントン・チェーホフ
翻訳:神西清
演出:三浦基
公演日程 :2019年7月4日(木)~11日(木)
会場:KAAT神奈川芸術劇場 <中スタジオ>

当日券情報

全席自由(入場整理番号付):3,800円
開演30分前より中スタジオ当日券売り場にて販売いたします。

※7/14(日)の当日券は販売いたしません
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※各種割引チケットは前売りのみの取扱い

公演情報

公演期間

2019年05月27日(月)~2019年07月16日(火)

会場

中スタジオ

公演スケジュール

5/27(月) 19:30
5/28(火) 19:30★
5/29(水) 休演日
5/30(木) 19:30★
5/31(金) 19:30
6/1(土)17:00
6/2(日)15:00
======
7/13(土)19:30
7/14(日) 19:30★
7/15(月) 17:00◎
7/16(火) 19:30
【上演時間:1時間25分を予定】
★の回の終演後、トークあり
5/28(火) 出演:中村唯史(監修)、高田映介(ドラマトゥルク)、三浦基(演出)
5/30(木) 出演:白井晃(演出家・俳優・KAAT神奈川芸術劇場芸術監督)、三浦基(演出)
7/14(日) 出演:オリガ・ニキーフォロヴァ(演劇評論家・ドラマトゥルク【ロシア】)、三浦基(演出)
◎印の回は託児サービスあり。公演1週間前までに要予約・有料。
イベント託児・マザーズTEL. 0120-788-222

休演日

5.29(水)、6.3(月) ~7.12(金)

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2019年03月30日(土) ~2019年04月05日(金)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2019年04月06日(土)

チケット料金

【入場整理番号付自由席】
一般  3,800円
U24チケット  1,900円
高校生以下割引 1,000円
シルバー割引  3,300円
2演目セット券 7,000円(『シベリアへ!シベリアへ!シベリアへ!』『三人姉妹』両方観劇で600円割引)
*2演目セット券はチケットかながわのみ取扱い。(前売のみ・枚数限定)
*割引チケットはチケットかながわの電話・窓口のみ取扱い(前売のみ・枚数限定)
*未就学のお子様のご入場はお断りしております。
*車イスでご来場の方は、事前にチケットかながわにお問い合わせください。

チケット取り扱い

▽チケットぴあ   
http://pia.jp/t/kaat/
0570-02-9999(Pコード:492-810)

▽イープラス
http://eplus.jp/kaat/(PC・携帯)

▽ローソンチケット 
http://l-tike.com/play/kaat/
0570-084-003(Lコード:34564)