KAAT EXHIBITION 2019 Naked Theatre

小金沢健人展 『Naked Theatre –裸の劇場-』

2019年04月14日(日)~2019年05月06日(月) 

Bookmark and Share

作品情報

「劇場が提案する美術とパフォーミングアーツの新たな交差点「KAAT EXHIBITION」。

4回目となる2019年度は『Naked Theatre』というテーマのもと、作家・小金沢健人の個展を主軸に、多彩なプログラムを展開します。

1999 年にベルリンへ渡り18年あまりを海外で生活した小金沢健人は、物の存在や意識の構造に着目し、世界各国で意欲的に制作・発表活動を重ねてきました。

『Naked Theatre』。それは「裸の劇場」だと小金沢は語ります。劇場という空間は通常何かしらの演目で埋め尽くされており、役者や台本、照明や音響設備は、演目を象(かたど)るためそれぞれの使命を遂行しています。

小金沢は、人々が公演準備のために働く際の音声を採取・編集しそれを劇場内に再構築すると同時に、当劇場が保有する照明機材やスモークマシーン等、劇場ならではの機材を日常の業務から解放し、「劇場空間そのものの声」として立ち上らせます。象(かたど)るべき対象から解放され自由になった『Naked Theatre』(裸の劇場)はのびやかに呼吸を始め、見る者を無邪気でスリリングな遊びに誘います。

過去実際に存在した「コト」を空間の声として受肉させ、「モノ」が従来の役割から解放され新たな在り方を得るこの新作インスタレーションは、変奏し続ける「時間と空間」の色鮮やかさ、多様で自由な在り方を見る者に問いかけます。

「速度の落書き」(2008) 神奈川県民ホールギャラリー


小金沢健人  作家

1974年東京生まれ。武蔵野美術大学で映像を学び、在学中よりビデオによる映像作品の発表を始めた。1999年よりベルリンに拠点を移し、アメリカ、ブラジル、インド、オーストラリア、ギリシャなど世界各国で作品を発表、その独特の映像表現は高い評価を獲得した。その後、次第にドローイング、パフォーマンス、インスタレーションと表現領域を広げ、多彩で複合的な作品群と旺盛な制作活動に裏づけされた多才なアーティストとして知られています。国内では、資生堂ギャラリー「Dancing In Your Head」(2004)、神奈川県民ホールギャラリー「あれとこれのあいだ」(2008)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館「動物的」(2009)など多数の個展を開催。2018年開催の「Asian Art Award 2018」では大賞を受賞。 


 

主催:KAAT神奈川芸術劇場

 

公演情報

公演期間

2019年04月14日(日)~2019年05月06日(月)

会場

中スタジオ

公演スケジュール

会期中無休
10:00~18:00
※入場は閉場の30分前まで

チケット購入

チケット料金

一般700円
学生・65歳以上500円
高校生以下無料

※チケットかながわでの取り扱いはありません。