チケット情報

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース
『三文オペラ』

2018年01月23日(火)~2018年02月04日(日)

作:ベルトルト・ブレヒト/音楽:クルト・ヴァイル 演出・上演台本:谷 賢一 音楽監督:志磨 遼平(ドレスコーズ) 【出演】 松岡 充 吉本 実憂 峯岸 みなみ 貴城 けい 村岡 希美 高橋 和也 白井 晃 青柳 塁斗、相川 忍、今村 洋一、小出 奈央、小角 まや 奈良坂 潤紀、西岡 未央、野坂 弘、早瀬 マミ、平川 和宏 峰﨑 亮介、森山 大輔、和田 武 【MUSICIAN】 志磨遼平(ドレスコーズ)ほか       このたび、KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『三文オペラ』に出演の全キャストが決定いたしました! KAATでは白井晃芸術監督を中心に、才能ある若手演出家との取り組みに力を注いでまいりましたが、この度、昨今、劇作家・翻訳家としても活躍がめざましい演出家・谷賢一にフィーチャーし、ブレヒト&ヴァイルによる名作『...

11月04日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
11月11日 : 一般発売

第3回 神奈川かもめ短編演劇祭

2018年01月25日(木)~2018年01月28日(日)

神奈川かもめ短編演劇祭とは? 横浜のKAATで行う短編演劇の祭典、通称“かもさい”。 日本全国・海外から20分の演劇作品が、横浜に集結!! 一般的な演劇祭では、見たい作品を見るため期間中何度も会場に足を運ぶことになります。 ところが、“かもさい”では全国から選ばれたバラエティーに富んだ複数の作品を、一度に見ることができます。普段見ることのない新しいお気に入りの作品に出会えるかも。 また、お客さまひとりひとりが気に入った作品を選び、第一線で活躍する審査員とともに審査に参加できる投票システムは、初めて演劇を観る方も、十分に楽しんでいただけるはず。 様々な作品に触れ、演劇を楽しむ4日間です。   【出演団体詳細】*上演順未定。 Aブロック 1.亀二藤(島根) 『酒とお蕎麦と男と女』 作:亀尾佳宏 演出:大原志保子 出演:亀尾佳宏、山崎晋志、堀江優純菜 2....

チケットかながわ取り扱い終了

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2018
(TPAM in Yokohama 2018)

2018年02月10日(土)~2018年02月18日(日)

アジアで最も歴史ある舞台芸術専門の国際的なプラットフォームです。 TPAM is the longest-established international platform for contemporary performing arts in Asia. ※プログラム詳細はhttps://www.tpam.or.jp/2018/をご参照ください。 TPAM とは? TPAM(ティーパム、国際舞台芸術ミーティング in 横浜)は、同時代の舞台芸術に取り組む国内外のプロフェッショナルが、公演プログラムやミーティングを通じて交流し、舞台芸術の創造・普及・活性化のための情報・インスピレーション・ネットワークを得る場です。1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、2011年より「創造都市」横浜で開催。近年はアジア・フォーカスを強化し、アジアとの共同製作にも参画。20年以上の歴...

01月13日 : 一般発売

KAAT×マグカル・フェスティバル実行委員会
Lune Production『A O SHOW』

2018年02月23日(金)~2018年02月25日(日)

ベトナム発!世界各国で絶賛されているベトナム・ヌーボー・シルク日本初上陸! A O SHOW(アー・オー・ショー)の「A O」の意味は、ベトナム語のLang と Pho (村と町) の発音からきています。A O SHOWはベトナムで生まれたヌーボー・シルク(新しいサーカス)」と呼ばれるパフォーマンスです。 A O SHOW にはセリフがなく、動作や歌、踊りを通して登場人物や景観を表現し、観客をベトナムの風景に導きます。また、作品には決まったストーリーはなく、ベトナムの田舎地方の田園風景の前にいたかと思えば、瞬間的に都会へと引き戻されます。 A O SHOW のテーマは、ベトナム南部の農村と都市の "日々の暮らし" を竹や籠などのベトナムの日用品を使って、シルク(サーカス)、アクロバット、ダンス、音楽で表現し、それらをいくつも繋いで、ひとつの物語として構成しています。視覚に...

12月09日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
12月15日 : 一般発売

KAAT竹本駒之助公演第十弾 
『義経千本桜』三段目切「すしやの段」

2018年02月24日(土)~2018年02月25日(日)

KAAT竹本駒之助公演、第10弾開催決定! 人形浄瑠璃文楽や歌舞伎でおなじみの「義太夫節(ぎだゆうぶし)」という音楽を、女性によって演奏するのが女流義太夫です。特別な舞台装置や衣裳はなく、太夫の語りと三味線だけで役柄を演じわけ、ストーリーを展開する「素浄瑠璃(すじょうるり)」という上演スタイルで、女流義太夫の魅力をご紹介します。 竹本駒之助ならではの演目を、KAATならではの特別な舞台空間でお聴きいただくシリーズ、御名残公演となる第十弾は『義経千本桜』三段目切「すしやの段」。義太夫節本来の魅力が存分に活かされる駒之助の語りの力。義太夫節・素浄瑠璃は初めてという方でも、その芸の虜になること間違いなしです!  【出演】 竹本駒之助(たけもと こまのすけ/太夫) 鶴澤津賀寿(つるざわ つがじゅ/ 三味線) 神津武男(こうづ たけお/お話) 早稲田大学演劇博物館 招聘...

12月25日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月05日 : 一般発売

KAAT舞台芸術講座竹本駒之助公演レクチャー
『義経千本桜』三段目切「すしやの段」を読む

2018年02月25日(日)~2018年02月25日(日)

本公演をより深くお楽しみいただくために、 公演当日に、開演直前特別レクチャーを開催いたします。 ぜひ、ご参加ください!​ 講師:神津武男(早稲田大学演劇博物館 招聘研究員) 会場:小スタジオ 『義経千本桜』三段目切「すしやの段」をより楽しんでいただくために、本公演直前に聴き所や関連する別の段・場面の浄瑠璃本の本文をご紹介します。 本公演ページはこちら http://www.kaat.jp/d/komanosuke10

01月05日 : 一般発売

木ノ下歌舞伎
『勧進帳』

2018年03月01日(木)~2018年03月04日(日)

弁慶が! 義経が! あらゆるボーダーラインを超えていく 歌舞伎と現代劇の狭間を行き来する ミクスチャープレイ、再び   [監修・補綴] 木ノ下裕一 [演出・美術] 杉原邦生[KUNIO] [出演] リー5世 坂口涼太郎 高山のえみ 岡野康弘 亀島一徳 重岡 漠 大柿友哉     歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』は、  上演頻度の高さからもその人気が伺える、  歌舞伎の代名詞的演目です。 木ノ下歌舞伎では2010年に 杉原邦生[KUNIO]の演出・美術で初演した後、 満を持して2016年に完全リクリエーション版 として再上演。監修・補綴の木ノ下裕一が その成果に対して平成28年度文化庁芸術祭 新人賞を受賞するなど、高い評価を得ました。 一般的に「義経一行の関所越えを描いた 忠義の物語」とされる勧進帳を、 〈...

01月07日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月14日 : 一般発売

まつもと市民芸術館プロデュース
「白い病気」

2018年03月07日(水)~2018年03月11日(日)

当時衝撃を与えたチャペックの反戦劇に、串田和美がこの時代の新たな血を注ぐ! 大戦間のチェコスロバキアを代表する作家、カレル・チャペック(1890年~1938年)は、戯曲『RUR』において使用したロボットという言葉を作ったことでも知られている。『白い病気』は迫り来るナチの弾圧の中、死亡する前年に初演。隣国ドイツの軍事圧力を風刺したこの劇は、幕が下りたときには、チェコ愛国者の喝采を浴びるが、時代は、作品が暗示するように、悲劇的な状況に向かって行った。80年前に書かれたこの作品は、まさに今、現代を照射しているといえるだろう。 この衝撃の問題作に挑むのは、串田作品常連の大森博史に加え、串田作品初参加となる藤木孝、千葉雅子、横田栄司、西尾友樹(劇団チョコレートケーキ)ら、個性豊かな俳優陣が顔を揃えます。 ◇原作『白い病気』あらすじ 若者は罹らないのに50歳を超えた者から罹...

11月27日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
12月01日 : 一般発売

劇団820製作所 
第14回公演『東京の街が夢見る』

2018年03月09日(金)~2018年03月11日(日)

「それは、奇妙な物語だった。多摩川を境にして、東と西の二つに分断された日本に、主人公が迷い込む。…まさかそんなことが、と笑っていられた。その時までは。」 2017年度マグカル・シアター in KAAT は「劇団820製作所」が登場。瑞々しく、ときに悲劇的に、残酷に、「本当はそこにあるおとぎ話」を描き出す。     作・演出 波田野 淳紘 出演 洞口 加奈 荒井 るり子 亀尾 建史 城戸 啓佑 千葉 恵佑     佐々木 覚 加藤 好昭 真宮 立佳 金原 並央 印田 彩希子     大谷 由梨佳 朝廣 亮二   【作品Note】 “――そこは、わたしたちの立つ場所に酷似している。東京の街だ。” 描かれるのは、あちこちでテロが頻発し、分断され、内戦が生じるという“荒唐無稽な”設定下の日本。 登場人物の一人は、漫画家を志す少女です。彼女を取...

01月19日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月21日 : 一般発売

若手舞踊公演 SUGATA
「二人三番叟」/ 通し狂言「雙生隅田川」

2018年03月24日(土)~2018年03月27日(火)

 KAAT神奈川芸術劇場では、近い将来確実に次世代の歌舞伎界を担う最若手の歌舞伎俳優たちによる若手舞踊公演シリーズ「SUGATA」を、2015年に立ち上げました。  子役から大人の役者への過渡期にあたる10代半ばから後半は、歌舞伎の本興行への出演の機会が限られる時期でもあります。ぜひKAATを、そんな彼らの研鑽の場にしてほしいと願い、またその姿をお客様と一緒に見守りたいという思いから本シリーズを企画しました。  初回から出演の中村鷹之資・中村玉太郎も役者として大きく成長し、4年目となる今回で本シリーズも最終回を迎えます。若さと力強さを兼ね備えた魅力を最大限に引き出すため、二人の師匠でもある藤間勘十郎による素踊りの舞踊を上演。フレッシュさに頼もしさも加わった二人の、勢いのある舞台をお楽しみください。 出演:中村鷹之資 中村玉太郎 他 作・演出・振付・出演:藤間勘十郎  ...

01月20日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
01月27日 : 一般発売

5DAYS 辺境のロミオとジュリエット

2018年04月03日(火)~2018年04月23日(月)

国内外で今一番注目を集めているクリエイター 石丸さち子と 作品世界を鮮やかに広げる音楽で観客を魅了する和田俊輔の初タッグで贈る 日本発 オリジナル・ロックミュージカル!! 血縁、国境、性別、人種、宗教、経済― 見えない“ライン”に隔てられた若者が たったの5日間で命を燃やした“ライン”をも飛び越える恋。 シェイクスピアの恋愛悲劇「ロミオとジュリエット」を下敷きに、 5日間の恋の疾走、魂のふれあいを現代に届ける物語として描きます。 若いエネルギーが迸る日本発の一大ミュージカルがここに誕生します。   【ストーリー】 2018年、辺境のための経済復興特別区[グラント]に“ライン”が引かれた。[デルヒ]と[ゼムリャ]に分かれた二つの街の対立は、驚くべき速さで激化していく。[デルヒ]のハワル(東啓介)はある日、友人のポドフ(柳下大)、ナウチ(中山義紘)らと、...

01月20日 : かながわメンバーズ(KAme)先行発売(インターネットのみ)
かながわメンバーズ(KAme)とは?
02月03日 : 一般発売

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』

2018年04月08日(日)~2018年08月28日(火)

人間の‘光’と‘闇’を深く美しく描き出す、 これが劇団四季の最新ミュージカル。 人間の心と社会の深淵を見つめた文豪ヴィクトル・ユゴーの代表作『ノートルダム・ド・パリ』を原作に、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作した、詩的で荘厳な、胸を打つミュージカル。不幸な運命を背負った大聖堂の鐘つき男をめぐる圧倒的な人間ドラマです。 アカデミー賞にノミネートされたディズニー長編アニメーションの楽曲に基づいた音楽は、作曲アラン・メンケン(『美女と野獣』『アラジン』ほか)、作詞スティーヴン・シュワルツ(『ウィキッド』ほか)の名コンビによるもの。大聖堂を包み込むその抒情的で重厚な響きは、力強いクワイヤ(聖歌隊)の歌声とともに客席を感動の渦に巻き込みます。 「怪物か人間か。私たちは何者?」、問いかける清冽な歌の言葉に、心からの共感と絶賛の声が寄せられています。時に残酷で理不尽な時代に生...