ニュース

フォーラム開催のお知らせ

2016-03-05

フォーラム開催のお知らせ

「より多様な人々が創造性を発揮できる社会のため、文化芸術機関が果たすべき役割とは? -ロンドン2012から東京2020、その先の未来を考える-」

英国で障害者の文化へのアクセスの改善に長年取り組んできた芸術団体シェイプ・アーツを迎え、3月21日にフォーラムを開催します。フォーラムでは、シェイプ・アーツが英国での障害と文化を取り巻く状況や社会的背景、2012年のロンドン五輪やアンリミテッドのインパクトなどについてお話するほか、日本の文化芸術関係者の方々をスピーカーにお迎えし、今年4月から障害者差別解消法案が施行される状況も踏まえ、日本の文化芸術機関の抱える課題や、障害のある方の文化芸術活動の今後の可能性について英国の事例を交えながら幅広く議論するとともに、より多様性のある社会を作っていくためのヒントを探ります。


 

日時:2016年3月21日(月・振休) 14:00-16:30 (開場:13:30)

会場:NHK横浜放送局(〒231-8324 神奈川県横浜市中区山下町281)

※KAAT神奈川芸術劇場と同じ建物内にある、NHK横浜放送局で開催します。劇場内ではありませんので、ご注意ください。

定員:100名(予定)

対象:文化芸術関係者、政策関係者、福祉関係者など

参加費: 無料 (日英同時通訳、手話通訳、要約筆記付き)

 

スピーカー:

フィオナ・スレーター / バーバラ・リシキ / ゾーイ・パーティントン(シェイプ・アーツ)

眞野純(KAAT神奈川芸術劇場 館長)

森田かずよ(CONVEY主宰/NPO法人ピースポット・ワンフォー理事長)   ほか

 

モデレーター:野澤和弘(毎日新聞論説委員)

 

【申し込み方法】

専用オンラインフォーム(http://bit.ly/shape-arts-forum)にアクセスのうえ3月13日(日)3月20日(日)までにお申し込みください。※締切を延長いたしました。
下記のQRコードからもフォームにアクセス可能です。応募多数の場合は抽選を行い、3月15日(火)までにEメールにて結果を通知させていただきます。

問合せ: ブリティッシュ・カウンシル(uk-event@britishcouncil.or.jp

主催:KAAT神奈川芸術劇場、ブリティッシュ・カウンシル