ニュース

「DEDICATED2012 IMAGE」映像チェックが行われました

2012-09-26

いよいよ本番まで1カ月を切った「DEDICATED2012 IMAGE」。

今月某日、会場となるKAATホールにて、本番で使用する映像のチェックが行われました。

 

DEDICATED2012-web.jpg

昨年6月に首藤康之さんがKAATにてスタートさせた「DEDICATED」シリーズ。

今回は「IMAGE」をテーマに、映像と舞台のコラボレーションという新たな試みに挑みますから、映像は非常に重要な要素となります。

この日は6月末に市内のとある場所とKAATで撮影した映像を、本番のために詳細にチェックし確認していく日。

そのため、首藤さん、振付・出演の中村恩恵さん、今回の映像監督である、第一線で活躍する写真家・操上和美さんはじめ照明、音響などほぼスタッフが全員そろっての作業となりました。実際の舞台でスクリーンの大きさや位置などをじっくりと確認しました。

ホール上に投影幕を垂らし、そこに映される操上さんの映像の美しさに私たちも思わずうっとりと見とれてしまいました。

 

操上さんの映像作品といえば、2009年に発表された初監督作品の映画「ゼラチンシルバーLOVE」があります。

http://www.youtube.com/watch?v=o_NQpioU708

こちらの映画では、首藤さんが振付を担当されています。

映像の美しさと動きの美しさが相まって、とても素敵な作品です。

 

今回の「DEDICATED2012 IMAGE」でも、操上さんの映像美と、首藤さん・中村さんの美しいダンスとのコラボレーションが楽しみです。

DEDICATED2012-2-web.jpg

紗幕の後ろにスタッフが立ってチェック中。

本番でもこういうシーンが見られるのでしょうか?

紗幕の後ろに首藤さんや中村さんが立っている姿を思わず想像してしまいました。

どのような公演になるのか"IMAGE"が膨らみますね。

 

本番をぜひお楽しみに!

by.KAAT STAFF

 

DEDICATED2012 IMAGE」公演ページはこちら

http://www.kaat.jp/pf/dedicated-image.html