ニュース

4/15(日)に、宮本亜門演出『ピノキオ ~または白雪姫の悲劇~』出演者オーディションが行われました。

2012-04-19

4月15日(日)にKAAT神奈川芸術劇場のホールにて、宮本亜門演出『ピノキオ ~または白雪姫の悲劇~』の出演者オーディション(実技審査)が行われました。

 

 

事前の書類審査を通過した、首都圏や大阪、福岡などから集まった約250名の俳優志望者やプロの俳優、ダンサーなどが参加。この作品の演出をつとめる芸術監督の宮本亜門を中心とした制作スタッフが、丸一日かけて全員分の審査をしました。
ダンス、歌唱、セリフ演技の各審査を経て合格した参加者は、今年の6月に開催される作品作りのためのワークショップに参加します。この6月のワークショップは、一般公開する日時も設定する予定です。

 

宮本亜門演出『ピノキオ ~または白雪姫の悲劇~』の本公演は、来年の8月上旬、KAAT神奈川芸術劇場で上演する予定です。どうぞお楽しみに!

オーディションの様子

001.JPG
参加者はまずダンスの振付を教わります。そして数名のグループごとに審査を受けます。

002.JPG
ダンスの審査に残ると、次は演出家から歌の演技について具体的な指示があります。

003.JPG
最後のセリフの審査。演出家自ら演じて手本を示します。