Noism1
ZAZA ~祈りと欲望の間に

2013年05月31日(金)~2013年06月02日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

ZAZA ~祈りと欲望の間に

圧倒的な身体表現能力を誇るダンスカンパニーNoismの新作、KAATに登場!
新潟りゅーとぴあを拠点として活動するダンスカンパニーNoismが、昨年の『solo for 2』『中国の不思議な役人』に続き、KAATに再登場します。Noismのプロフェッショナルな身体性や鋭い問題意識に裏打ちされた作品とカンパニー活動に対する評価は高く、’09年のモスクワ・チェーホフ演劇祭との共同製作、’11年のサイトウ・キネン・フェスティバル松本製作のオペラ&バレエへの参加等、国内外で活動の幅を広げています。国内唯一の公共劇場専属舞踊団として常にクリエイティブな活動を続けるNoismと、創造型劇場として国内外の劇場・カンパニーと共に同時代性のある作品の創造・紹介を行うKAATが今回発表する『ZAZA』は、《間~はざま》をテーマにした三部構成のプログラム。

 

演出振付 /金森穣
出演/Noism1 

2013 年春の新作は3 部構成、すなわち3 つの小品を創作する。全ての作品に共通しているメインコンセプトは《間~はざま》である。
第1 部『A・N・D・A・N・T・E』は〈時の間〉、第2 部『囚われの女王』は〈性の間〉、第3 部『ZAZA』は〈欲の間〉である。
そして全ての作品に於いて、Noism設立以降初となる様々な創作的挑戦を行う。『A・N・D・A・N・T・E』はNoism の筆頭舞踊家である井関佐和子が出演しない初の金森作品となり、第2 部『囚われの女王』はNoism という集団としての作品ではなく、井関佐和子による独舞作品となる。そして第3 部『ZAZA』では、通常は演出振付家の欲望を体現している舞踊家達1 人1 人の欲望、舞台上で彼らが何をしたいかをアンケートし、その彼らの欲望に基づいた作品を創作する。そうして舞台上に立ち現れる“欲”望が、“性”別を越えて祈りへと変わるその“時”を掴み取る事、それ演出家の欲望である。
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 舞踊部門芸術監督/Noism 芸術監督金森穣 


[演出振付]
金森穣

[衣裳]
堂本教子

[出演]
Noism1=井関佐和子、宮河愛一郎、藤井泉、
中川賢、真下恵、青木枝美、藤澤拓也、宮原由紀夫、
亀井彩加、角田レオナルド仁、石原悠子(準メンバー)

第1部〈A・N・D・A・N・T・E〉
音楽:J.S. Bach《ヴァイオリン協奏曲 第1番 第2楽章 Andante》

第2部〈囚われの女王〉
音楽:J.シベリウスによるバラッド〈囚われの女王〉
※変更となりました

第3部〈ZAZA〉
音楽:soundtrack by The The《Moonbug》 & 《Tony》より抜粋
椅子&机:須長檀

【速報】
Noism1『ZAZA~祈りと欲望の間に』アフタートークゲスト決定!
Noism1新作『ZAZA~祈りと欲望の間に』のアフタートークゲストが決定しました。
神奈川での公演では、終演後に約30分間、下記のとおりゲストをお迎えし、芸術監督・金森穣との対談形式でのトークを開催いたします。

▼アフタートークゲスト
■5月31日(金)宮前義之氏(ISSEY MIYAKEデザイナー) www.isseymiyake.com
ISSEY MIYAKE デザイナー。1976年生まれ。1998年、文化服装学院アパレルデザイン科を卒業。2001年に三宅デザイン事務所入社し、三宅一生と藤原大が率いたA-POCの企画チームに参加。2006年よりISSEY MIYAKEの企画チームに加わり、2011年、ISSEY MIYAKE デザイナーに就任。

■6月1日(土)松永大司氏(映画監督)
1974年生まれ。大学卒業後、俳優として矢口史靖、サトウトシキ、鈴木卓爾監督等の作品に出演。2001年頃からミュージックビデオ、CM、映画のメイキング等を監督する。09年には、TVの特撮番組『レスキューファイアー』の監督を一年間務める。01年より、以前から友人であった現代アーティスト『ピュ~ぴる』を撮影開始、09年に8年間の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』として作品を完成させる。日本では11年に全国にて劇場公開、ロッテルダム国際映画祭、全州国際映画祭、パリ映画祭など数々の映画祭から正式招待され絶賛される。ロッテルダム国際映画祭においては、700本以上ある上映作品の中で観客賞の上位に入るという快挙を成し遂げた。「Era New Horizons International Film Festival 2011」にて『Special Mention』、「The Tel Aviv International LGBT Film Festival 2011」にて『Honorable Mention』を授与される。11年には、文化庁委託事業である「若手映画作家育成プロジェクト」の1人に選ばれ、35mmのフイルムで撮影した短篇映画『おとこのこ』を完成させた。また新人俳優と気鋭の若手監督が世界に発信できる作品造りを目指すプロジェクト「全力映画」第一弾として制作した短編作品『かぞく』は韓国全州国際映画祭2012ワールドシネマ部門正式招待され、国際的に高い評価を受ける。12年にはNHK BS「裸にしたい男 竹野内豊」を監督する。現在総合格闘技パンクラスの新作ドキュメンタリー映画『HYBRID』の公開が控えている。

■6月2日(日)成田久氏(アーティスト&資生堂アートディレクター)
1970年生まれ。アーティスト、資生堂宣伝制作部アートディレクター。資生堂の様々なブランドのアートディレクションを経て、現在はuno(www.shiseido.co.jp/uno/)やSHISEIDO THE GINZA(stg.shiseido.co.jp)を担当中。フリーペーパー「ギンザドキドキ」の編集長やNHK大河ドラマ「八重の桜」のポスタービジュアル、「ただいま、東北」キャンペーン(www9.nhk.or.jp/yaenosakura/tadaima/)企画も。雑誌「装苑」にて「舞台PLAY」を連載中。展覧会も多数開催。6月9日に、自身の作品の展示・販売・オーダー受付を行う販売所★兼★仕事場をオープン予定→「キュキュキュカンパニー」(www.cuecuecuecompany.com)/〒110-0015 東京都台東区東不野1-11-5-303(JR御徒町駅 北口より徒歩約4分)/営業日 毎週 木・土・日曜日・祝日14時〜21時

※該当公演のチケットをお持ちの方のみ、終演後に客席でご観覧いただけます。

当日券情報

当日券は開演1時間前からKAAT5F・ホール受付にて販売。(前売券はチケットかながわにて公演前々日の16時まで予約可能!電話予約・窓口購入は前日の15:00まで受付。)

公演情報

公演期間

2013年05月31日(金)~2013年06月02日(日)

会場

ホール

公演スケジュール

5.31(金)19:00
6.1 (土) 17:00
6.2 (日) 15:00
※開場は開演の30分前

【上演時間】
1部「A・N・D・A・N・T・E」 20分
(休憩15分)
2部「囚われの女王」 15分
(休憩15分)
3部「ZAZA」 40分
計1時間45分(予定)

チケット購入

チケット発売日

・KAmeかながわメンバーズ:
 2013年03月28日(木)
  かながわメンバーズ(KAme)

・一般:2013年03月31日(日)

チケット料金

一般5,500 円

※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
※開演時間を過ぎますと、しばらくの間ご入場いただけない場合や、自席にご着席いただけない場合がございます。予めご承知下さい。

チケット取り扱い

りゅーとぴあチケット専用ダイヤル
Tel: 025-224-5521
(11:00~19:00 / 休館日を除く)

▼イープラス
http://eplus.jp/kaat/

▼ぴあ
Pコード 427-510
http://t.pia.jp/
電話 0570‐02‐9999

  • KAAT 神奈川芸術劇場×facebook
  • MUG×CUL.net
  • Magcul.net facebook