KAATキッズ・プログラム2016
現代美術作家・山本高之さんと一緒につくる
ワークショップ&展覧会「横浜博覧会YES’89」

2016年08月18日(木)~2016年08月21日(日) 

Bookmark and Share

作品情報

1989年に横浜で博覧会が開催されたことを知っていますか?

博覧会ってなんだろう?
どんなイベントだったのだろう?
いまのこどもたちはみんな行ったことはないけれど、今から27年前、多くの人がワクワクし、楽しんだ横浜博覧会。
急速に忘れ去られつつある近過去の記憶、そして当時の日本が目指した「未来」についてのリサーチを元に、現代美術作家の山本高之さんと一緒に横浜博覧会を再現するワークショップを開催します。
ワークショップでは、パビリオンやポスターなど、博覧会会場を再現し、それについての紹介映像を撮影します。
こどもたちが作った作品と撮影した映像は、山本高之さんの最新作として8月21日(日)KAAT大スタジオに展示し、展覧会として発表されます。
山本高之さんと一緒に作品をつくって、時間をこえて想像する、いつもと一味ちがう2日間を過ごしませんか?

 

【開催概要・応募要項】
KAATキッズ・プログラム2016
現代美術作家、山本高之キッズワークショップ&成果発表展

※定員に達したため募集を締め切りました。

【日時】
▼ワークショップ
8月18日(木)と19日(金)(2日間)
11:00〜16:00(予定)
※お昼の休憩1時間
※昼食は各自ご用意ください。


▼成果(新作)発表展
8月21日(日)10:00〜17:00 ※入場無料
※8/20は展示準備のための内部作業日

会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
ワークショップ参加料:1,000円(材料費、保険料)
対象:5〜12歳程度
※保護者の見学可
※ワークショップ開催2日間、両日ともご参加いただける方
※作品の性質上、ワークショップの参加者は以下の内容にご同意ください。
・ワークショップ開催2日間(8/18, 19)、両日とも参加できること
・ワークショップで制作する作品(映像および工作物)の著作権は全て作家本人に所属すること
・作品および記録映像を公開すること
定員:10名程度 (要予約・先着順)


応募方法:参加者氏名、参加人数、年齢、学校名、連絡先電話番号をご記入の上、FAXにてご応募ください。
定員に達し次第締め切ります。
FAX:045-681-1691(KAAT神奈川芸術劇場 山本高之ワークショップ係)

お問い合わせ:TEL.045-633-6500 山本高之ワークショップ係
主催:KAAT神奈川芸術劇場[指定管理者:公益財団法人神奈川芸術文化財団]


 


【作家プロフィール】


山本高之 Takayuki Yamamoto
 
               
1974年愛知県生まれ。2002年Chelsea College of Art and Design, MA in Fine Art修了。 主な展覧会に「物語のかたち」(2015年/せんだいメディアテーク、宮城)「未見の星座」(2015年/東京都現代美術館、東京)「ゴー・ビトゥイーンズ」(2015年/森美術館、東京)。自身の小学校教員としての経験を元に、主に子供達と共にワークショップ形式の活動を通して「何かを知る」という体験を探求している。その活動は、ワークショップでの成果物や撮影した映像を元にインスタレーションとしても発表。美術館や教育機関などで行われている美術教育全般についても関心があり、近年では東北(特に宮城地方)の民話についてのリサーチを行い、知識を伝える際に物語が果たすわたしたちの社会的、日常的な役割についても考察している。         


《どんなじごくへいくのかな、東京》2014 ヴィデオ・スチル


《チルドレンズ・プライド、上石神井駅》2011 パフォーマンス風景


《まばゆい気分でー未来の東北博覧会'87》2015 ヴィデオ・スチル

公演情報

公演期間

2016年08月18日(木)~2016年08月21日(日)

会場

大スタジオ

公演スケジュール

▼ワークショップ
8.18(木)〜8.19(金)
11:00〜16:00(予定)
※お昼の休憩1時間

▼成果(新作)発表展
8.21(日)10:00〜17:00 
※入場無料

チケット購入

チケット料金

▼ワークショップ
1,000円※要申し込み

▼成果(新作)発表展
入場無料

※チケットかながわでの取り扱いはありません。