2017

KAAT竹本駒之助公演第8弾
『一谷嫰軍記』三段目切「熊谷陣屋段」

2017年03月05日(日)~2017年03月06日(月)

KAAT竹本駒之助公演、第8弾開催決定! 人形浄瑠璃文楽や歌舞伎でおなじみの「義太夫節(ぎだゆうぶし)」という音楽を、女性によって演奏するのが女流義太夫です。特別な舞台装置や衣裳はなく、太夫の語りと三味線だけで、役柄を演じわけ、ストーリーを展開する「素浄瑠璃(すじょうるり)」という上演スタイルで、女流義太夫の魅力をご紹介します。竹本駒之助ならではの演目を、KAATならではの特別な舞台空間でお聴き...

Bookmark and Share

神奈川かもめ短編演劇祭

2017年03月02日(木)~2017年03月05日(日)

神奈川かもめ短編演劇祭とは? 全国各地、及び海外から選ばれた団体が横浜に集まり、それぞれ20分以内の短編作品を上演する、地方色・国際色豊かな演劇祭です。演劇を鑑賞するだけでなく、テレビ・映画・小説などの第一線で活躍する審査員による審査とともに、観客の方の投票によって、「かもめ賞」(最優秀作品賞)を決定するのが大きな特色です。普段から演劇を観ている人も、いままで演劇を観る機会がなかった人も、審査員...

Bookmark and Share

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017
(TPAM in Yokohama 2017)

2017年02月11日(土)~2017年02月19日(日)

アジアで最も歴史ある舞台芸術専門の国際的なプラットフォームです。 TPAM is the longest-established international platform for contemporary performing arts in Asia. ※プログラム詳細はhttp://www.tpam.or.jp/2017/program/をご参照ください。 TPAM とは? ...

Bookmark and Share

KAAT×小野寺修二(カンパニーデラシネラ)
WITHOUT SIGNAL! 『信号がない!』

2017年02月11日(土)~2017年02月12日(日)

2015年から2016年にかけて小野寺修二がハノイでワークショップを重ね、ベトナムと日本の身体が交錯するノンバーバルシアター。2017年秋本公演に向けての第一弾! 演出:小野寺修二 美術:石黒 猛 出演:Nguyen Thanh Cong、Nguyen Thi Can、Nung Van Minh、Nguyen Hoang Tung、Mai Thi Nhu Quynh、Bui Ho...

Bookmark and Share

Port B/高山明の演劇論

2017年02月02日(木)~2017年02月07日(火)

2月2日(木)~7日(火)の5日間 演出家・高山明がこれまでの主な仕事を振り返りながら、自身の演劇論を展開する連続レクチャーを開催! 日程 2017年2月2日(木)/3日(金)/4日(土)/6日(月)/7日(火)     5日間連続講座 (1日からでもお申し込みいただけます。5日(日)は休講) 時間    13:00~16:10 (途中10分の休憩あり) 会場    KAAT神...

Bookmark and Share

クレア・カニンガム ダンス公演
『Give Me a Reason To Live』

2017年02月04日(土)~2017年02月05日(日)

松葉杖の使用/乱用、観察、変形という方法で、障害者としての独自の身体性をよりどころに世界と関わり、クラシックなダンスのテクニックに挑戦を突きつける、振付家 クレア・カニンガム。ヒエロニムス・ボスの画中の物乞いをする障害者にインスピレーションを得て創作したダンス作品が日本にて初上演! 振付・出演:クレア・カニンガム   Photo:Ben Nienhuis クレア・カ...

Bookmark and Share

ミュージカル『キャバレー』
Cabaret

2017年01月26日(木)~2017年01月29日(日)

人生の全てがここにある。 松尾スズキのキャバレー、ウィーダー(再び)! ヒトラー政権の台頭へと向かう時代を背景に、ベルリンのキャバレー「キット・カット・クラブ」のデカダンなショーと、歌姫サリーをはじめとする人々の恋物語を、絶妙な構成で描く、ミュージカル『キャバレー』。 このミュージカル史上に輝く傑作を松尾スズキ演出で10年ぶりに再演! 新たなキャストを得て、もっとエロティックに、もっと...

Bookmark and Share

『歌い、継ぐ』
~永六輔さん追悼コンサート~

2017年01月20日(金)~2017年01月22日(日)

  ​これからも上を向いて歩いて行くために、集まりましょう。 永さんの遺してくれた歌で、逢いましょう。 日本の曲でただひとつ、アメリカのヒットチャートで1位を記録し、世界中で歌われるようになった「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」。現在でも歌い継がれている「黄昏のビギン」、「見上げてごらん夜の星を」、「夢であいましょう」、「遠くへ行きたい」、「いい湯だな」…。 この曲たちは...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 次へ