2015

新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演

2015年11月25日(水)~2015年11月26日(木)

文化庁委託事業 平成27年度次代の文化を創造する新進芸術家育成事業 現代舞踊新進芸術家育成Project4 「新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演」 主催/文化庁、一般社団法人現代舞踊協会  協賛/チャコット株式会社 HP/http://www.gendaibuyou.or.jp/ お問合せ/03-5457-7731(現代舞踊協会)

Bookmark and Share

Piece of modern Dance Company 公演 vol.4

2015年11月21日(土)~2015年11月23日(月)

緻密で繊細なおかつユーモラスで大胆な作品の創り手として勢いあるダンサーの一人前澤亜衣子が3年間のニューヨークからついに帰国 久々に日本でのパフォーマンス!! 一枚ずつ形の違う“Piece”のように個性異なる者達が、極上の舞台芸術を目指すべく集った身体表現集団が新作に臨む。 主催:前澤亜衣子パフォーミングアーツジャパン株式会社 お問い合わせ先  Piece of modern Da...

Bookmark and Share

ミュージカル『HEADS UP !』

2015年11月13日(金)~2015年11月23日(月)

舞台を観る人、 そして舞台を作る人たちに贈るエンタテイメントミュージカル! 哀川翔、初のミュージカル!! ラサール石井、構想10年、渾身の新作! ミュージカルファンなら誰もが知る“あの名作“が1000回目の公演を迎え、華々しく終了するはず…だった。が、主演俳優の鶴の一声で、某地方都市の古い劇場で1001回目を上演することになった!しかしながら、当然、舞台美術は廃棄済み、キャストも...

Bookmark and Share

「遊星ブンボーグの接近」

2015年11月05日(木)~2015年11月08日(日)

今回は文房具コメディです。時は満ちたという気分です。子供のころから文房具にはとても親しみがあって、バットやグローブよりも文房具に近いところで暮らしてきました。打球の軌道は裏切りますが文房具は裏切りません。友達だって恋人だって裏切りますが文房具は裏切りません。そうして僕は方眼紙とセロテープで迷路ゲームを作り、4っ切の画用紙にフェルトペンで壁新聞を書き、ホッチキスで豆本を作り、ときどき机の上に飛び込ん...

Bookmark and Share

21世紀の『上を向いて歩こう』
Young person’s guide to ‘Hachidai-san’

2015年11月03日(火)

ジャズも、ロックも、昭和歌謡にJーPOPも、原点にして最先端。 中村八大って、どんな人? ジャンルと世代を超えてKAATがお届けする、音楽の実験室。 【出演】 ・大友良英スペシャルバンド 大友良英(g) 江藤直子(P) 近藤達郎(org, key) 類家心平(tp) 鈴木広志(sax) 青木タイセイ(tb) かわいしのぶ(b) 小林武文(ds) 高良久美子(per...

Bookmark and Share

KAAT舞台芸術講座竹本駒之助公演レクチャー
「浄瑠璃本『鎌倉三代記』を読む」

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

本公演をより深くお楽しみいただくために、 公演当日に、開演直前特別レクチャーを開催いたします。 ぜひ、ご参加ください!   講師:神津武男(早稲田大学演劇博物館 招聘研究員) 内容:「鎌倉三代記」八ツ目切「三浦別の段」の物語を、三浦之助義村・時姫・佐々木四郎左衛門高綱の主要な登場人物3人の視点から解き明かします。本公演直前にをより楽しんでいただくために、関連する別な段・場面の浄瑠...

Bookmark and Share

Companhia de dança DEBORAH COLKER "Belle"
デボラ・コルカー・カンパニー『ベル』

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

速報! デボラ・コルカーがリオ五輪のオープニング・セレモニーの振付と演出を手がけることになりました。昨年度は、シルク・ド・ソレイユで初のファンタジー公演「OVO」を日本で上演し、多くの観客を魅了した彼女の新作「Belle」は必見です。   http://www.ciadeborahcolker.com.br/#!home-english/cg9q   Companhi...

Bookmark and Share

『鎌倉三代記』八ツ目切「三浦別の段」
(かまくらさんだいき みうらわかれのだん)

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

KAAT竹本駒之助公演、第五弾開催決定! 人形浄瑠璃文楽や歌舞伎でおなじみの「義太夫節(ぎだゆうぶし)」という音楽を、女性によって演奏するのが女流義太夫です。特別な舞台装置や衣裳はなく、太夫の語りと三味線だけで、役柄を演じわけ、ストーリーを展開する「素浄瑠璃(すじょうるり)」という上演スタイルで、女流義太夫の魅力をご紹介します。竹本駒之助ならではの演目を、KAATならではの特別な舞台空間でお...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10
  11. 次へ