2011

KAATオープントーク 『劇場って何?芸術監督って何?』

2011年02月26日(土)

劇場は必要なのか?あえて大きな疑問を投げかけ、現代における「劇場」、そして舞台芸術の意味を探ります。いろいろな方々とともに語り、舞台芸術の持っている可能性を県民のみなさんとともにひろげてゆきたいと思います。--宮本亜門 内容 第一部:対談「劇場って何?」 出演:蜷川幸雄(彩の国さいたま芸術劇場芸術監督)、宮本亜門(KAAT芸術監督) 第二部:座談会「芸術監督って何?」 出演:宮田慶子(新国立劇...

Bookmark and Share

国際舞台芸術ミーティング in 横浜 / TPAM in Yokohama 2011

2011年02月14日(月)~2011年02月20日(日)

「芸術見本市(TPAM)」が「Market」から「Meeting」に生まれ変わり、国際都市・横浜で「国際舞台芸術ミーティング in 横浜(TPAM in Yokohama)」として再始動します。アーティスト、プロデューサー、フェスティバル・ディレクターなどの新しい出会いの中から生まれる同時代的舞台芸術の率直な創造現場に是非お立ち会い下さい! さまざまなセミナー、ミーティングの他に、実際の公演を見る...

Bookmark and Share

チェルフィッチュ ゾウガメのソニックライフ

2011年02月02日(水)~2011年02月15日(火)

岸田國士戯曲賞受賞作家、岡田利規の書き下ろしによる新作。演劇の新たな地平を常に切り拓いて来たチェルフィッチュが、活動拠点の横浜で、さらなる挑戦! <コンセプト>満ち足りた生を送りたいものです。それには結局日常が大切です。物語の主人公(男女のカップルです)が、そう考えているのです。けれども、満ち足りた生、それは余りに遠くて、そこに届くのはほとんど絶望的です。そう考えるのが現実的です。そこで、ここは思...

Bookmark and Share

金閣寺

2011年01月29日(土)~2011年02月14日(月)

日本文学の限りない可能性にチャレンジする。 神奈川から世界へ向け、 日本オリジナルの世界基準の舞台作品 その第一弾は三島由紀夫の「金閣寺」に決定! 今を生きる私たちのあらたな舞台芸術のクリエーションのテーマとして、私たちは「日本」に焦点をあてました。その第一弾といたしまして、日本文学の金字塔である三島由紀夫の『金閣寺』の舞台化に挑みます。 小説『金閣寺』は世界各国の言語に翻訳され、そ...

Bookmark and Share

浮標

2011年01月17日(月)~2011年01月23日(日)

長塚圭史新プロジェクト「葛河思潮社」旗揚げ公演! 戦争の影が忍び寄り、芸術、思想、生命とあらゆる支えが奪われんとするなかで精神の葛藤を越えてたどり着く再生の境地-。三好十郎の傑作戯曲に長塚圭史が挑む! <ものがたり> 夏も終わりの千葉市郊外の海岸。洋画家久我五郎は自己の芸術を信じ、肺を病む妻の美緒を看護しながら貧困と闘っている。彼を排する低俗な画壇、財産の譲渡を迫る家族など、苦境のう...

Bookmark and Share
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9