2015

KAAT舞台芸術講座竹本駒之助公演レクチャー
「浄瑠璃本『鎌倉三代記』を読む」

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

本公演をより深くお楽しみいただくために、 公演当日に、開演直前特別レクチャーを開催いたします。 ぜひ、ご参加ください!   講師:神津武男(早稲田大学演劇博物館 招聘研究員) 内容:「鎌倉三代記」八ツ目切「三浦別の段」の物語を、三浦之助義村・時姫・佐々木四郎左衛門高綱の主要な登場人物3人の視点から解き明かします。本公演直前にをより楽しんでいただくために、関連する別な段・場面の浄瑠...

Bookmark and Share

Companhia de dança DEBORAH COLKER "Belle"
デボラ・コルカー・カンパニー『ベル』

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

速報! デボラ・コルカーがリオ五輪のオープニング・セレモニーの振付と演出を手がけることになりました。昨年度は、シルク・ド・ソレイユで初のファンタジー公演「OVO」を日本で上演し、多くの観客を魅了した彼女の新作「Belle」は必見です。   http://www.ciadeborahcolker.com.br/#!home-english/cg9q   Companhi...

Bookmark and Share

『鎌倉三代記』八ツ目切「三浦別の段」
(かまくらさんだいき みうらわかれのだん)

2015年10月31日(土)~2015年11月01日(日)

KAAT竹本駒之助公演、第五弾開催決定! 人形浄瑠璃文楽や歌舞伎でおなじみの「義太夫節(ぎだゆうぶし)」という音楽を、女性によって演奏するのが女流義太夫です。特別な舞台装置や衣裳はなく、太夫の語りと三味線だけで、役柄を演じわけ、ストーリーを展開する「素浄瑠璃(すじょうるり)」という上演スタイルで、女流義太夫の魅力をご紹介します。竹本駒之助ならではの演目を、KAATならではの特別な舞台空間でお...

Bookmark and Share

COMPAGNIE MARIE CHOUINARD
カンパニー マリー・シュイナール
"Le Sacre du printemps"
『春の祭典』
"HENRI MICHAUX : MOUVEMENTS"
『アンリ・ミショーのムーヴマン』

2015年10月24日(土)~2015年10月25日(日)

白井晃より、レコメンドコメントが届きました! マリー・シュイナール・カンパニーの公演(「bODY-rEMIX」)を初めてみた時の衝撃は忘れる事が出来ない。体に戦慄がはしり、しばし呆然としていた。身体補助器具で肉体を束縛しながら踊るダンサーの動きに、肉体表現の限界に挑む姿を見た。 今回来日する「春の祭典」はまさにマリー・シュイナールの人間に対する視線が炸裂した作品だ。今までもマーサ・グレ...

Bookmark and Share

KERA・MAP#006
「グッドバイ」

2015年10月17日(土)~2015年10月18日(日)

7年ぶりの再始動!太宰治、未完の絶筆「グッド・バイ」を舞台化!   原作:太宰治 脚色・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ 企画・制作:キューブ [出演] 仲村トオル 小池栄子 ・ 水野美紀 夏帆 門脇麦 町田マリー 緒川たまき ・ 萩原聖人 池谷のぶえ 野間口 徹 山崎 一 [お問合せ] tvkチケットカウンター 045-663-9999 www.tvkco...

Bookmark and Share

大方斐紗子 エディット・ピアフに捧ぐ

2015年10月17日(土)

2009年秋、池袋「あうするすぽっと」を皮切りに再演を続けているシャンソン・コンサート。エディット・ピアフの数々の名曲を、女優 大方斐紗子がオリジナルの訳詞で歌います。 女優・大方斐紗子の人生は決して恵まれたものではなかった。舞台女優としてのキャリアを築き上げるまでに味わった深い絶望、苦しみ、そして哀しみ・・・。そんな時、エディット・ピアフの歌に出会い、彼女は生きる力を取り戻した。 ピアフ...

Bookmark and Share

「横濱JAZZ PROMENADE 2015」

2015年10月10日(土)~2015年10月11日(日)

「横濱ジャズプロムナード」は、市民とミュージシャンが一体となって「街全体をステージに」を合言葉に1993年に始まった日本最大級のジャズ・フェスティバルです。 歴史的建造物や港街を背景に、ホールやジャズクラブ、街角のいたるところでライブが繰り広げられます。23回目を迎える今年は、ここKAAT神奈川芸術劇場などの新たな会場も加わり、ベテランから若手まで数多くのミュージシャンが出演します。特に、期待の若...

Bookmark and Share

室内 Intérieur

2015年10月02日(金)~2015年10月04日(日)

感性の臨界へと誘う闇と光… フランス演劇界の巨匠クロード・レジ×SPAC ヨーロッパ各都市での絶賛を経て、この秋 神奈川・静岡で待望の凱旋公演! クロード・レジとSPACとの共同製作で2013年に創られた『室内』が、昨年のヨーロッパツアーを経ていよいよ日本国内で再演されます。闇と沈黙が生み出す比類ない世界は、ヨーロッパの観客からも圧倒的な支持を得て、「アヴィニョン演劇祭で記憶すべき1...

Bookmark and Share