白井 晃 プロフィール

白井 晃

白井 晃(しらい あきら)

演出家、俳優。
京都府出身。早稲田大学卒業後、1983-2002年、遊◎機械/全自動シアター主宰。
劇団活動中よりその演出力が認められ、多くの演出作品を手がける。2014年4月KAAT神奈川芸術劇場アーティスティック・スーパーバイザー(芸術参与)。2016年4月、同劇場芸術監督に就任。

演出家として独立後は、ストレートプレイからミュージカル、オペラまで幅広く発表し、緻密な舞台演出で高く評価される。
中でもポール・オースター作『ムーン・パレス』『偶然の音楽』『幽霊たち』やフィリップ・リドリー作『ピッチフォーク・ディズニー』『宇宙でいちばん速い時計』『ガラスの葉』『メルセデス・アイス』など海外の小説・戯曲を独自の美学で演出し、好評を博す。

神奈川県民ホール開館30周年記念事業 一柳慧作曲 オペラ『愛の白夜』(06年、09年再演)では演出を手がけ高い評価を得た。

近年の演出作品に『ジャンヌ・ダルク』(10年・14年 赤坂ACTシアターほか)、『9days Queen~九日間の女王』(14年 赤坂ACTシアター)、『アダムス・ファミリー』(14年 青山劇場ほか)、『テンペスト』(14年 新国立劇場)、『ショーシャンクの空に』(14年 シアタークリエほか)、『マーキュリー・ファー』(15年 世田谷パブリックシアターほか)、『No.9-不滅の旋律-』(15年 赤坂ACTシアターほか)など。KAAT製作による演出作品に『Lost Memory Theatre』(14年)、『DEDICATED「出口なし」』(14年)『ペール・ギュント』(15年)など。

出演作に『ア・ラ・カルト』(89~08年 青山円形劇場)『オケピ!』(00年、03年 三谷幸喜作・演出)、『アンデルセン・プロジェクト』(06年 ロベール・ルパージュ作・演出)、『桜姫』(09年 長塚圭史脚本・串田和美演出)、『ファウストの悲劇』(10年 クリストファー・マーロウ作・蜷川幸雄演出)、『国民の映画』(11年 三谷幸喜作・演出)、『天日坊』(12年 宮藤官九郎脚本・串田和美演出)、『趣味の部屋』(13年・15年 古沢良太脚本・行定勲演出)、『マクベス』(13年 ウィリアム・シェイクスピア作・長塚圭史演出)など。

01、02年の演出活動にて第9回、第10回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。05年演出『偶然の音楽』にて平成17年度湯浅芳子賞(脚本部門)受賞。また12年演出のまつもと市民オペラ『魔笛』にて第10回佐川吉男音楽賞受賞。